中古重機の買取りも可能!専門業者に依頼して利益を上げよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

建築現場などで使われている特殊重機は、中古で売買するのが一般的になっています。今使っている重機を、専門の業者に買取りさせることで、大きな利益を得る事も可能です。

建築現場に必要不可欠な重機!その重機を処分する際は中古重機買取り業者へ

仕事
建築現場などで、目にすることが多い重機。その重機には様々な種類があります。しかし、重機は特殊な乗り物なので、普通自動車を多く扱う中古車販売業者に売ろうとしても買取価格が付かず廃車にしてしまうことも少なくありません。しかし、中古重機のニーズは以外に高く、中古重機買取り業者であれば高値で買取りをしてくれるようです。それでは、人気のある中古重機や、買取りまでの流れなどを確認してみましょう。

重機の種類を確認しよう

重機とは、建設重機の略語です。他にも建設機械を略して建機と呼ぶ事もありますが、同じ重機を意味します。重機はとても種類が多く、ショベルやダンプ、フォークリフトなど他にも数多くの種類が身近で使われています。まずは、重機の種類を確認してみましょう。

重機の種類

種類① ブルドーザー・スクレイパー

重機

引用元: KOMATSU

ブルドーザーは、地面のかきおこしや盛土、山を切り開く場合に使用されることが多い建設重機で、主に整地作業を行う重機のことです。スクレイパーは、地面をこそげ取ったり、削ったりする作業を行なう建築重機で、ヘラ状や刃状のブレードを使用している重機になります。

ブルドーザー・スクレイパーの種類

・ブルドーザー
・スクレイプブルドーザー
・リッパドーザー
・モータースクレイパー
・被牽引式スクレイパー

種類② 積み込み機・掘削機

重機

引用元:キントラ

工事現場などで、よく目にするショベル。主な仕事は、土砂を掘りダンプなどに積み込む作業をする建設重機です。アームの先の部分を取り替えることで、仕事の幅広がる優れた重機になっています。

積み込み機・掘削機の種類

・ミニショベル
・油圧ショベル
・クラムシェル
・ドラグライン
・ホイールローダー
・トラクタショベル
・バケットホイルエクスカベーター

運搬用機械

重機

引用元:キントラ

土砂や、建築資材などを載せ運ぶ重機のことを、運搬機械と呼びます。トラックやダンプカーなどは一般道路でも見かけるので、馴染みのある建築重機と言えるでしょう。

運搬用機械の種類

・トラック
・ダンプカー
・トレーラー
・不整地運搬車
・フォークローダー
・ショベルローダー

種類④ 荷役機械・クレーン

重機

引用元:株式会社加藤製作所

クレーンは、荷物を水平に持ち上げ運搬する事が出来る機械重機です。大切なのは「動力によって荷物を釣り上げているか」人の力で荷物を釣り上げるものはクレーンの定義に当てはまりません。

荷役機械・クレーンの種類

・タワークレーン
・トラッククレーン
・クローラークレーン
・ラフテレーンクレーン
・オールテレーンクレーン
・トップリフタ
・クランプリフト
・フォークリフト
・高所作業車
・ストラドルキャリア

一部紹介しただけでも、たくさんの種類がある事が分かります。上記で紹介したような中古重機を処分したいと考えている場合は、中古重機を専門に買取り扱っている業者に連絡してみましょう。

中古重機の中でも人気NO1はクレーン車!!

重機
中古重機の中でも、特に人気があるのがクレーン車です。それでは、クレーン車を売却する場合、査定でどのようなポイントがチェックされるのか、確認してみましょう。

買取り査定でチェックされる項目

アウトリガー

アウトリガーとは荷物の積み下ろしの際、クレーン車の車体を横転などの事故から防ぐ為『踏ん張る脚』となる部分の事です。アウトリガーは、円柱状と四角柱状の2種類のものがあります。この2種類の中でも、四角柱状のタイプの方が安全性が良いとされており、より高評価されているようです。

クレーンのブーム段数

クレーンのブーム段数は、3段~6段まであり、段の数が多いほど、クレーンをより長く伸ばす事が出来ます。しかし、長ければ良いと言う訳では無く、使い勝手の良い4段階が人気となっているようです。また、人気のクレーンメーカーは『タダノ』や『古河ユニック』などが人気となっています。

クレーン装置とトラック車体部分の年式の差

クレーン車を作る場合、新品のクレーン装置を中古のトラック車両に取り付ける場合と、その逆で新品のトラック車両に中古のクレーン装置を取り付ける場合があります。どちらも、車体とクレーンとで、年式の差があるので、その差が少ないほど良いでしょう。

クレーンのラジコン装置の有無

クレーンのラジコン装置の有無も、査定に大きく影響してきます。もちろん、ラジコンが装着されている方が高値になるようです。理由としては、ラジコンを後付けする場合、その機種によっては高額な費用が必要になるからだと言われています。

クレーン者の中でも人気の高い車種

次に、人気の中古車種を確認してみましょう。

人気の車種

・日野レンジャー
・三菱ふそうファイター
・いすゞフォワード

内容

ブーム段数:3~4段数
最大積載量:3~4t
ラジコンフックイン

クレーン車は、特殊装備を備えているので一般的なトラックや建設機械よりも、新車の購入額が高くなってしまうようです。なので、新車に比べて比較的安価で購入出来る『中古重機』はとても需要があります。

クレーン車査定の目安

車種:日野レンジャー
ブーム段数:3段数
最大積載量:4t
ラジコンフックイン
年式:平成14年
走行距離:106,000km
目安金額:3,130,000円

車種:三菱ふそうファイター
ブーム段数:4段数
最大積載量:4t
ラジコンフックイン
年式:平成9年
走行距離:76,000 km
目安金額:1,750,000円

車種:いすゞフォアード
ブーム段数:3段数
最大積載量:3t
年式:平成9年
走行距離:870,000km
目安金額:1,525,000円

クレーン車は他の重機に比べ査定の項目が多いのが特徴です。しかし、この中古重機買取り業界では買取り価格の明確な基準・目安となるものが無いので、相場も存在しません。ですから、1社の買取り金額だけで納得せず、何社に査定をしてもらい買取り金額を比較することをオススメします。理由として、各業者が独自の査定項目・査定基準で買取り価格を決めており、普通乗用車の様に年式や走行距離などの評価が難しいのです。なので、実際の現状を確認してから買取り金額を決定する業者が多いので、即決で買取り業者を決めるのではなく、しっかり他社とも比べて契約するようにしましょう。

中古重機買取りまでの流れを確認しよう!

女性
では、実際に所有している重機を、中古重機買取り業者へ連絡し買取ってもらうまでの流れを、一緒に確認してみましょう。

中古重機買取りの流れ

査定申し込み

所有している重機を売却するには、まずその店舗に連絡をして大まかな査定額の確認をしましょう。普通自動車の場合は、オンライン査定などを使って査定に入るのですが、中古重機の場合は上記でも記載したように、年式や走行距離などで買取り査定金額をつけるのが難しいです。なので、実際の状態によって買取り金額を決めることがほとんどになっています。インターネットや写真を先に確認させて欲しいというような中古重機買取り業者も多いので、覚えておきましょう。

出張査定依頼

写真などで中古重機の状態を確認出来なかった場合は、現地で査定する出張査定が行われます。また、実際に重機の状態を目で確認してみると、買取り価格が上がるという事も多いようです。出張査定を依頼する場合は「出張費用はどうなっているのか」「出張査定対応エリアなのか」を電話やホームページで確認して下さい。

契約・買取り金額の受け取り

提示された買取り金額に納得したのであれば、契約となります。買取り金額の支払いは、その場で現金支払いか、後日振込かを選ぶ事が出来る場合もあるので、中古重機買取り業者に確認が必要です。また、契約時には書類が必要な場合もあるので、それもあわせて業者の方に確認してみましょう。

書類の手続き

売買契約後、名義変更などの手続きを業者が無料で行なってくれるのかも重要です。業者によっては、自分で手続きを行なわなくてはならないので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

たくさんの手順があるように見えますが、実際に中古重機買取り業者に依頼してみると、優しく丁寧に教えてくれるので、大丈夫ですよ。不安なことや分からない事は、すぐに確認するようにしましょう。

まずは中古重機買取り業者に相談してみよう!

重機は新車で購入すると、とても高額になります。ですから、中古重機の需要が多くありまた、日本製の中古重機は海外でも取引されているようです。必要がなくなった重機や、買い替えを検討している重機があるのであれば、専門の買取り業者に相談してみましょう。そうすることで、手元に残る金額に大きな差がでます。重機を賢く処分しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。