中古トラックを高値で売るためには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古トラックを高値で売りたいなら、トラックや重機買取専門業者を利用するのが最適です。ディーラーや地元の中古車買取店と比べたメリット・デメリットを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

トラックを売りたい!売る方法は主に3つ

pbimage0000116518

トラックを売るにあたって、売却する方法は様々です。
一般的な方法は主に3つあります。

① ディーラーでの下取り・買取
② 地元の中古車買取店に売る
③ トラックや重機の買取専門業者

今回はこの3つの方法のメリット・デメリットについて紹介していきます!
それぞれ違った特徴があるため、トラックを売りたいと考えているなら、最後まで読んで参考にしてみてください。
ではまず、ディーラーのメリット・デメリットからみていきましょう!

ディーラーのメリット・デメリット

ディーラーの買取は、新しくトラックを購入する時に、一緒に下取りに出すというパターンが多いでしょう。
大きなメリットは、なんといっても相手がディーラーだという安心感があることです。
しかしながら、取引台数が少ないということから、査定の評価基準になる買取相場自体が存在しない場合がほとんどです。そのため、「トラックを高く売りたい」と考えている人にはあまりおすすめできません。

メリット・デメリットをまとめると、下記のようになります。

ディーラー買取のメリット

・ディーラーに直接買い取ってもらうため、安心感がある
・新車と入れ替える際に下取りという流れになるので、買取だけではなく新車の購入まで一緒に済ませることができる

ディーラー買取のデメリット

・買取相場が存在しないため、買取価格が専門業者より安くなりがち
・引取や書類手続きで手数料がかかる
・事故車や不動車は買い取ってもらえないことが多い

地元の中古車買取店のメリット・デメリット

地元の中古買取店は、買取価格もディーラーより高く買い取ってくれる場合が多く、価格面でも納得しやすいところも魅力です。
ですが、査定は1社だけでの判断となるため、買取価格が適正なのかどうかの判断がし辛いという点もデメリットといえるでしょう。

メリット・デメリットをまとめると、下記のようになります。

地元の中古車買取店のメリット

・ディーラー買取よりも高額で買い取ってもらえる

地元の中古車買取店のデメリット

・買取価格が適正かどうかの判断が難しい
・引取や書類手続きで手数料がかかる

トラックや重機買取専門業者のメリット・デメリット

トラックや重機買取専門業者での買取は、その手軽さが大きな魅力です。
パソコンやスマホで無料査定依頼をすることができますので、直接トラックを見せに行く手間を省くことができます。
また、トラックや重機を専門に買取している業者のため、ディーラーや中古車買取店よりも細かく査定してくれるので、買取価格も他の方法より高くなることが多いです。
他にも全国対応していたり、不動車なども買い取ってくれたりと、様々なメリットがあります。

メリット・デメリットを簡単にまとめると、以下のようになります。

買取専門業者のメリット

・査定が細かく、ディーラーや地元業者よりも高値買取が期待できる
・パソコンやスマホで簡単に無料査定を依頼できる
・日本全国どこにでも無料査定に来てくれる、引き取ってくれる
・走行距離のあるトラックや不動車でも買取対象になることがある

買取専門業者のデメリット

・インターネットで展開しているところが多いため、近くに店鋪がないこともある

では、次は買取で人気がある車種はなにかを紹介していきます。

人気のある車種はこれ!

トラックの買取にも、人気がある車種というものがあります。
こうした車種は買取強化が行われているものも多く、通常の買取よりも高く買い取ってくれることがあります。
たとえば、下記のような車は多くの買取専門業者から人気があります。

日野 プロフィア

長距離移動を快適に過ごすためのこだわりを、随所に施している点が魅力の車種です。
シートの乗り心地が優しく、長距離走行の疲労軽減に役立ちます。
ベッドスペースも採用されていることから、長距離移動時の仮眠時も身体を休めやすくなっています。

三菱ふそう スーパーグレート

安全性が重視されているモデルで、走行中に歩行者や自動車を感知するとランプが点灯して知らせてくれる「アクティブ・サイドガード・アシスト」という機能が特徴的です。
他にも、脇見運転や居眠り運転をしようとするとブザーで知らせてくれるアクティブ・アテンション・アシストなどがあります。

UDトラックス クオン

12段電子制御式オートマチックトランスミッション「ESCOT-Ⅵ」を搭載していて、素早く滑らかに変速を行う事ができるのが魅力の車種です。変速時の身体への負担が軽減されるため、より快適に運転をすることができます。

いすゞ ギガ

コンパクトエンジンの採用によって、高い積載量を実現しているモデルです。
燃費性能と安全性も高いスペックでまとまっていて、海外でもよく長距離移動のために利用されています。

トラックの査定は上物価値がわかる専門業者へ

トラックの査定額は、車種だけで決まるものではありません。そのトラックの「上物」によっても価値が変わってきます。
どういった上物があるかをしっかり確認しておきましょう。

アルミウィング

荷物が積卸しやすいよう、バンボディの両側が翼のように開くようになっているのが特徴です。

クレーン付きトラック

ユニック車とも呼ばれていて、荷台の代わりにクレーンを積んでいるような形になっているモデルです。
クレーンにもいくつか種類があり、ハイアウトトリガーと呼ばれるモデルが荷台も圧迫しないので人気です。

重機運搬車

クレーンやウインチ、アンダーリフトなどがついている、重機を積載することに特化したモデルです。土木現場などでよく利用されています。

冷蔵・冷凍・保冷

荷台に断熱加工がされていて、タイプによって冷蔵だけのものと保冷もできるものがあります。
冷凍もできるタイプのものの方が買取査定額も高いです。

こうした上物は、買取専門業者じゃないと査定額に影響しない場合があります。
中古のトラックを高く売りたいのであれば、やはり買取専門業者に依頼するほうがよいでしょう。

トラックを売りたいと感じたら専門業者に依頼しよう

いかがでしたでしょうか。トラックは軽自動車や乗用車よりも、買取に専門的な知識が必要になってくるものなんです。なるべく高く売りたいのであれば、専門の知識があって海外にまで手を伸ばしている買取業者が最適といえます。
気軽に無料査定を依頼することもできますので、まずは買取専門業者に査定を依頼してみてください。
きっと思っているよりも高く買い取ってくれることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*