トラックのエアドライヤーとは?仕組みや点検方法、交換する場合の目安と費用

トラック2台の横画像

エアドライヤーは、トラックの重要な部品の一つです。

安全な走行を維持するためにも、仕組みや点検方法を理解しておきましょう。

今回はトラックにおいて重要なエアドライヤーについて、交換する場合の目安や費用も併せてご紹介いたします。

■トラックのエアドライヤーとは

まずは、エアドライヤーがどのようなものかを解説いたします。

・エアドライヤーとは

エアドライヤーは、トラックやバス、重機など、エアコントロールシステムを使用するすべての大型車両に搭載されている部品です。

トラックなどの大型車両は、コンプレッサーで圧縮した空気をブレーキやサスペンションなどのエアコントロールに利用しています。

圧縮空気には、余計な水分や油分も含まれるため、機能が正常に作動するよう各システムへの侵入を防ぐのがエアドライヤーの役割です。

なお、エア経路に水分や油分などの異物が入り込むと、エアコントロールシステムの不具合が起こります。

・エアドライヤーの仕組み

エアドライヤーは、ろ過装置に似ています。

エアドライヤーには、多数の細かいくぼみが空いた乾燥剤が備わっており、圧縮空気がエアタンクへ流れる前に、エアドライヤーを通って水分や油分をろ過する仕組みです。

また、乾燥した空気の一部はエアドライヤーの中に残り、乾燥剤へ吹きかけることで機能を再生させる役割を果たします。

・制御方式は主に3種類

エアドライヤーの制御システムは、「電気式」「モジュール式」「タイマーパージ式」の3種類です。

<電気制御式>

トラックに搭載されている電子制御ユニットを使用するタイプです。

カートリッジの寿命をモニタリングできる特徴があります。

<モジュール式>

乾燥や再生のために消費する空気用のタンク(パージタンク)が一体化しています。

メンテナンスをしやすいのが特徴です。

<タイマーパージ式>

パージタンクが不要でコンパクトなタイプです。

本体に搭載された再生タイマーで乾燥剤を乾燥させます。

■エアドライヤーは点検が欠かせない

おもちゃトラックのまわりに工具

乾燥剤が吸い取った水分は、乾燥・再生用の空気を吹きかけることで除去できますが、油分はそのまま蓄積し、乾燥剤を劣化させます。

そのため、エアドライヤーはこまめな点検と交換が欠かせません。

・エアドライヤーが故障すると…

エアドライヤーは乾燥剤のほか、エキゾーストバルブやチェックバルブ、ガバナなど複数の部品で構成されています。

しかし、エアドライヤーの故障はそれぞれが相互に作用して発生するため、故障した部品の特定はできません。

どの部品が故障しても、ブレーキや駆動系の動作不良やエアサスペンションの不具合が起こる恐れもあります。

特に、ブレーキの動作不良は安全性に大きくかかわるため、走行中に違和感を覚えたときは、すぐにエアドライヤーの点検や交換を行いましょう。

・エアドライヤーの点検方法

エアドライヤーは、日常点検と定期点検が必要です。

日常点検では、エンジンをかけて空気圧が充てんされたら、エキゾーストポートから空気が排出されるかを確認します。

また、定期点検は3か月に1度を目安に、エアドライヤーから水分や油分が排出されていないかを整備工場などで確認してもらいましょう。

■エアドライヤーの交換目安と費用

トラックおもちゃとピンクの電卓

エアドライヤーは消耗品のため、定期的に交換しましょう。

・エアドライヤーの交換目安

エアドライヤーの交換は年に1度、または走行距離を目安に行います。

中型トラックの場合は60,000kmごと、大型トラックの場合は100,000kmごとが目安です。

・エアドライヤーの交換費用

交換費用は、車種や車両サイズ、エアドライヤーの制御システムなどで変わりますが、新品への交換だと工賃を含めて50,000~60,000円ほどが一般的でしょう。

中古品やリビルト品の場合は、25,000~30,000円ほどが相場です。

エアドライヤーは、エアコントロールシステムを採用する大型車両の安全を陰で支える大事な部品です。

年次点検や走行距離を目安に交換し、走行の安全性を維持しましょう。

キャブオーバーとは、どんな車を指す?特徴やメリット・デメリット、人気トラックを解説

トラックの前で腕組みして微笑む男性

あまり聞き慣れないかもしれませんが、キャブオーバーは車の構造を指す言葉です。

一般的な乗用車に多いボンネット型とは、異なる特徴があります。

今回は、キャブオーバーの意味や特徴からメリット・デメリットまで、詳しくご紹介いたします。

■キャブオーバーとは、どんな車を指す?

まずは、キャブオーバーの意味や特徴についてご紹介いたします。

・キャブオーバーとは

エンジンの上に運転席(キャビン)がある構造の車を、「キャブオーバー(または「キャブオーバー型」)」と言います。

対して、エンジンが運転席よりも前にある構造の車が「ボンネット型」です。

現在、日本のトラックはキャブオーバーが主流ですが、旧式トラックの中にはボンネット型も見られます。

・「バン」となにが違う?

「バン」と呼ばれる車の多くは商用車にあたり、運転席と荷室がつながった構造をしています。

乗車スペースよりも荷室のほうが広々としているうえ、2列目をリクライニングできないのが特徴です。

一方、キャブオーバーのトラックは運転席と荷室が完全に分離しており、運転席から荷室へは移動できません。

・キャブオーバーの特徴

キャブオーバーは運転席の下にエンジンがある分、車高が高めで、シートにエンジンの熱や振動が伝わりやすいのが特徴です。

また、エンジンルームを開けるには、運転席を前傾させる必要があります。

■キャブオーバーのメリット・デメリット

トラック荷台に案内する女性

キャブオーバー型のトラックには、以下のメリットとデメリットがあります。

・キャブオーバーのメリット

キャブオーバーは荷室が広く、1度に多くの荷物を積み込めます。

また、運転席からの目線が高くなり、道路を見下ろすように運転できることもメリットです。

前方にボンネットがない分、小回りが利きやすいのも日本の道路事情に適した設計と言えるでしょう。

・キャブオーバーのデメリット

キャブオーバー型のトラックは運転席が箱型で、走行中に空気抵抗を受けやすいことがデメリットです。

速度が上がるほど空気抵抗の影響も大きくなり、高速道路などでは多くの燃料を必要とします。

また、車のボンネットは、前からの衝撃を受け止める役割を担いますが、キャブオーバー型のトラックにはクッションの役目になるボンネットがありません。

そのため、衝撃に弱いことがデメリットによく挙げられる反面、メーカーは衝突安全性の高いボディの設計に取り組んでいます。

■キャブオーバー型の人気トラック

FUSOキャブオーバー

キャブオーバー型のトラックで、人気のある車種をご紹介いたします。

・トヨタ ダイナカーゴ

トヨタは物流トラックの最先端を目指し、高性能の安全技術を標準装備しています。

専用のエンジンを搭載し、低燃費、エコ、高い走行性能を実現するダイナカーゴは、トラック界屈指の存在です。

1tと2tクラスがあり、汎用性の高い車種がラインアップされています。

・いすゞ エルフ

小型クラスにおける国内シェア1位を誇ります。

走行中にドライバーの負担を軽くするスムーズな変速操作のほか、高性能エンジンと先進システムによる優れた燃費性能、危険を察知して事故を回避する信頼性の高い安全機能など、ドライバーを満足させる技術を集結した1台です。

・日野 デュトロ

運転席やボディのタイプを細かくラインアップし、用途に合わせて選べる柔軟性の高さが魅力です。

市街地での運行に配慮し、軽自動車並みの小回りを実現するほか、安全性や快適性を重視した高機能システムを搭載しています。

ドライバーが安心して運転に集中できる工夫が満載のトラックです。

・三菱ふそう キャンター

「安心の新しい走り」をコンセプトに、メーカー独自の先進安全技術が標準装備されています。

環境への配慮も著しく、低排出ガス車に認定されているトラックです。

快適性にも配慮され、運転に集中できるようキャビンの内装はシックなインテリアで統一されています。

・日産 アトラス

アトラスは、ドライバー、周囲、環境の全方位に配慮したやさしいトラックです。

先進の安全技術を標準装備して安全運転をサポートするほか、アイドリングストップシステムや高燃焼効率エンジン、新世代トランスミッションなどを搭載し、スムーズに走れます。

キャブオーバー型のトラックは、運送効率や機動性を考慮して設計されました。

現在も、性能が大きく向上したトラックが日々開発されています。

また、中古市場においても高性能トラックの取り扱いは珍しくないため、トラックの買い替えを検討している方は、中古トラックも視野に入れて探してみてください。

トラック運送事業者のGマークとは?申請から認定までの流れや取得するメリット・デメリット

Gマーク

現在、Gマークの認定事業所は次々に増加しています。

認定されると多くのメリットが得られるため、トラック運送事業者は取得を目指しましょう。

今回はGマークについて、申請から認定までの流れや取得するメリット・デメリットなどを詳しくご紹介いたします。

■Gマークとは?申請から認定までの流れ

まずはGマークがどのようなものか、お伝えいたします。

・Gマークとは

Gマークとは、公益社団法人全日本トラック協会が安全性を認めた事業所に付与する認定マークです。

Gマーク認定は、利用者が安全性の高い事業者を選ぶときの目安となり、事業者にとっても安全に対する意識を高めるとともに環境を整えるきっかけにもなります。

・Gマーク認定事業所の割合

2022年3月末の時点で、27,898の事業者が安全性優良事業所に認定されています。

この数字は、全事業所数の32%に相当する割合です。

なお、国土交通省が2019年中の事業用トラック1万台あたりの事故件数をまとめた結果、Gマークを取得した事業所の事故件数は、未取得の事業所に比べて半分以下であったことがわかっています。

・Gマーク認定までの流れ

Gマークの申請から認定までの大まかな流れをご紹介いたします。

  1. 都道府県トラック協会に申請書類を送付する
  2. 全日本トラック協会に申請書と添付資料が送付される
  3. 安全性評価委員会の評価を受けたのち、要件を満たせば認定される

2022年度の申請受付期間は、7月の初め頃から2週間ほど設けられていました。

また、結果が出るのは申請をしてから約5か月後です。

なお、Gマーク制度の最新情報は、全日本トラック協会のホームページで確認できます。

■Gマークの申請資格と認定要件について

申請書

Gマーク認定の安全性評価は、厳しい基準が設けられています。

・Gマークの申請資格

申請をするには、以下の項目を満たしている必要があります。

  • 事業開始後、3年以上経過している
  • 使用する事業用トラックが5台以上ある
  • 虚偽の申請や不正な申請の却下または取り消しを受けた後、2事業年度を経過している
  • Gマークや認定証の偽造や不正使用により是正勧告を受けた場合は、改善が認められたのち、認定証を提出した日から3年以上経過している

・Gマークの認定要件

安全性評価は、各項目に設けられた内容をもとに点数が加算されます。

認定を受けるには、一定の点数や要件を満たさなければなりません。

<認定要件>

  • 評価点数の合計が80点以上
  • 各項目の点数が基準点を上回っている
  • 法に基づいた許可申請や届出、報告が行われている
  • 社会保険などに加入している

<評価項目と内容>

  • 安全性に対する法令遵守状況(配点40点/基準点32点)

評価内容:地方実施機関の巡回指導結果、運輸安全マネジメントの取組状況

  • 事故や違反の状況(配点40点/基準点21点)

評価内容:重大事故、行政処分の状況

  • 安全性に対する取組の積極性(配点21点/基準点12点)

評価内容:安全対策会議の実施、運転者の教育などの取組の自己申告事項

なお、評価の結果は各事業所へ郵送され、認定を受けた事業所は全日本トラック協会のホームページで公表されます。

■Gマークを取得するメリット・デメリット

トラックを運転する男性

Gマークの取得に関するメリットとデメリットをご案内いたします。

・Gマークを取得するメリット

Gマーク認定を受けるメリットは、以下が挙げられます。

  • 交通違反による違反点数の消去期間が3年から2年に短縮される
  • IT点呼が導入できる
  • 低公害車導入促進補助金制度を利用したCNGトラックの最低導入台数が3台から1台になる
  • 点呼が所属外の営業所や同じ敷地内にあるグループ企業間でも行える
  • Gマークの認定が10年以上継続し、一定の基準を満たした場合に表彰される
  • 一部の損保会社や交通共済で保険料の割引が受けられる
  • 全日本トラック協会が実施する助成金制度の優遇が受けられる
  • 荷主からの信頼性が高まる
  • 全日本トラック協会のホームページに掲載され、周知される

Gマーク認定により、事業所全体の士気も高まるでしょう。

・Gマークを取得するデメリット

取得のメリットがある一方、デメリットもあります。

具体的には、書類の準備や管理など事務処理が煩雑になるほか、日頃から安全に対する取り組みを入念に行う必要があることなどです。

体制を整え、事業所が一丸となって取り組む必要があるため、説明会などを実施して周囲に理解と協力を求めましょう。

Gマーク認定は、企業コンプライアンスが強く求められる昨今において、価値の高いマークです。

取得や維持のハードルも高いものの、事業所全体の活性化につながります。

認定を目指すなら、まずは全日本トラック協会のホームページを確認しましょう。

重機の種類には何がある?現場が違えば活躍する重機も違う!

重機にはそれぞれ役割があり、目的に合わせて使用することが非常に重要です。

重機によっては一つの枠組みにとらわれず多岐に渡って使用されているものもあります。

今回は、豊富な種類がある重機の中でも特に活躍している重機を3種類ご紹介いたします。

重機の導入を考えている方は是非ご一読ください。

■重機の王様!?油圧ショベル

まずは知名度が非常に高い油圧ショベルをご紹介いたします。

・活躍する現場の種類

油圧ショベルは別名「ユンボ」などと呼ばれています。

油圧ショベルは主に土砂を掘る作業や、運搬用トラックへの積み込み作業を得意とする種類の重機で、世界的に活躍しています。

掘削作業が得意な油圧ショベルは主に土木や農林業の分野で使用されます。

油圧ショベルのバケット部分は取り変えることができるため、アタッチメントを変えた油圧ショベルは建物の解体工事現場で粉砕作業を担当するほか、産業廃棄物を選別する作業にも使われます。アタッチメントを取り変えれば、非常に多くの現場で活躍することができる重機です。

・サイズ

油圧ショベルはサイズによって複数の種類に分けられています。

機体重量が6トンに満たないものはミニ油圧ショベルと呼ばれ、道路工事など狭い場所での作業に対応可能となっています。

ミニ油圧ショベル以外に中型油圧ショベル、大型油圧ショベルがあり、それぞれ一度にすくうことができる土砂の量が異なります。

・運転に必要な資格や免許の種類

油圧ショベルの運転に必要な資格は「車両軽視建設機械運転技能講習」または「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」のどちらかです。また、公道を走る場合は自動車免許も必要になります。運転する油圧ショベルの大きさによって必要な免許が異なるので、油圧ショベルの資格が欲しい方は免許についてもチェックしておきましょう。

■整地ならお任せ!ブルドーザー

続いてブルドーザーについてご紹介いたします。油圧ショベルと共に、非常に知名度のある重機です。

・活躍する現場の種類

ブルドーザーは土砂の掻き起こし、運搬、ならしの作業を得意とする重機です。

整地用の重機で、主に建設業界で活躍しています。

車体の前面に装着しているブレードが特徴で、先端部分に重力が加わることで掘削や土砂の移動を行います。

海外ではまだ開発が進んでいない地域などに用いられることが多くなっています。

・ブルドーザーの種類

ブルドーザーには通常、乾地用と湿地用があります。

ドーザーシャベルという種類ではブレードではなくバケットを装着しており、土砂を盛る作業やトラックへ積み込みを行う作業を得意としています。

水陸両用や水中ブルドーザーもあり、海底や水路の作業に対応します。

・運転に必要な資格や免許の種類

ブルドーザーを運転するには「車両系建設機械運転者」の資格が必要です。

機体重量が3t未満であれば、「小型車両系建設機械運転者」でも運転が可能になります。

また「不整地運版運転者」という資格も必要です。こちらも運転する機体重量によって必要な資格が異なります。

■ブルドーザーには負けない整地のプロ!モーターグレーダー

最後に紹介する重機はモーターグレーダーです。

・活躍する現場の種類

モーターグレーダーは前方に長いフロントフレームがあり、フレームの中央部分にはブレードが装着されています。

独特な形状のモーターグレーダーは、高い整地力を持っており、建築現場や土木業で活躍をします。雪の多い地域では雪かき用として重要な役割を担っている重機です。

・グレーダーとの違い

モーターグレーダーとよく混同されるものに「グレーダー」があります。

グレーダーは重機の名前ではなく、トラクターに装着して牽引する器具のことを指します。

モーターグレーダーは、グレーダーをモーターエンジンに装着した重機のことで、自走するものを指します。

・運転に必要な資格や免許の種類

モーターグレーダーを運転するには大型特殊免許の経験が2年以上なければ資格がとれません。他に必要な免許としては「建設機械施工技士3種」または「技能講習修了」があります。雪かき用として使用する場合は「除雪講習修了」も必要となります。

重機にはまだまだ多くの種類があります。

重機の種類によっては1つの免許で他の重機を運転できるものもあるので、どんな免許があればどの重機が運転できるようになるのかを調べておくと、活躍の場が広がりやすくなります。多くの重機を使いこなすことでスキルやキャリアの成長に繋がりますので、積極的に様々な重機の資格を取ってみてはいかがでしょうか。

■幅広い現場で活躍!ホイールローダー

車体の前面には大きなバケットを搭載しており、すくって持ち上げ、運ぶのが得意な重機です。

・活躍する現場の種類

土木建築現場で土砂や骨材、廃材などをトラックに積み込む際に使用されるほか、災害現場でのがれき撤去作業、農場や畜産現場では飼料の積み込み・運搬や堆肥の切り返し、豪雪地帯では道路の除雪作業など、幅広い現場で活躍しています。

また、アタッチメントを付け替えると荷役作業にも使えます。

・ホイールローダーの種類

ホイールローダーは標準仕様に加えて、畜産仕様、除雪ドーザ仕様、トンネル仕様など多くの種類があります。

なかには、30種類以上のアタッチメントを付け替えてマルチに活用できるタイプもあるため、用途に合わせて選びましょう。

大きさはバケットの容量によって分けられ、3tクラスのミニホイールローダーから、200t前後の大型クラスまで存在します。

・運転に必要な資格や免許の種類

ホイールローダーを運転するには、機械を操作するための資格と、公道を走行するための自動車免許が必要です。

3t未満のホイールローダーを操作する場合は「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」、3t以上の場合は「車両系建設機械運転技能講習」を受講しましょう。

なお、公道の走行には、車両サイズに応じて「小型特殊免許」または「大型特殊免許」が必要です。

■荷物の運搬に優れた重機!ダンプトラック

ダンプトラックは、荷台を傾けて荷物を一気に降ろせる仕様の重機です。

・活躍する現場の種類

ダンプは土砂や産業廃棄物などの運搬に使用されており、土木建築現場をはじめ、鉱山、採石場、運送業などと多方面で活躍しています。

道路交通法によって小型・中型・大型の3つに区分され、土木建設現場や採石場では大型ダンプ、産業廃棄物などの運搬には小・中型のダンプと使い分けるのが一般的です。

また、海外の鉱山では無人ダンプが活躍しており、現在は日本でも実証実験が開始されています。

・ダンプトラックの種類

ダンプトラックの種類は主に、土砂運搬用の「土砂ダンプ」と、軽量物を運搬する「深ダンプ(土砂禁ダンプ)」の2種類です。

荷台の形状には、荷台の前方が持ち上がる「リアダンプ」、左右に傾く「サイドダンプ」、左右と後方に傾く「三転ダンプ」、荷台がスライドする「ローダーダンプ」など、さまざまな種類があります。

なかには、「アーティキュレートダンプ」と呼ばれるタイプもあり、前輪と後輪の間にある支点で車体が折れ曲がるため、不整地や軟弱地、急な勾配でも高い走行性能を発揮できるのが特徴です。

・運転に必要な資格や免許の種類

ダンプの運転には、車両サイズに応じた自動車免許が必要です。

小型ダンプ:準中型免許以上

中型ダンプ:中型免許以上

大型ダンプ:大型免許

なお、中型ダンプには「増トン車」と呼ばれるタイプもありますが、増トン仕様のダンプを運転する場合は大型免許が必要です。

■力強い動きが大きな魅力!クレーン

クレーンとは、動力で荷物を吊り上げて水平に運搬するもの、または内蔵された原動機で不特定の場所に移動できる重機を指します。

・活躍する現場の種類

クレーンは陸上だけでなく、鉄道や水上など、目的に応じてあらゆる現場で活躍する重機です。

具体的には、土木建設現場、工場、倉庫、墓地や霊園、山間部、河川や渓谷、港などが挙げられます。

・クレーンの種類

種類は主に、天井や地面に設置して操作する一般的な「クレーン」と、機体そのものが移動できる「移動式クレーン」の2種類に分かれ、用途に合わせて使い分けられています。

<クレーン>

天井クレーン、ジブクレーン、ケーブルクレーン、橋形クレーンなど

<移動式クレーン>

トラッククレーン、ホイールクレーン、ラフテレーンクレーン、クローラクレーン、鉄道クレーン、浮きクレーンなど

・運転に必要な資格や免許の種類

クレーンや移動式クレーンは、荷重によって必要な免許や資格が異なります。

クレーンを運転する場合は、以下の通りです。

吊り上げ荷重が5t未満:クレーンの運転の業務特別教育

吊り上げ荷重が5t以上:クレーン・デリック運転士免許

また、移動式クレーンの場合は、以下の通りです。

吊り上げ荷重が1t未満:移動式クレーンの運転の業務特別教育

吊り上げ荷重が1t以上5t未満:小型移動式クレーン特別技能講習

吊り上げ荷重が5t以上:移動式クレーン運転士免許

なお、荷物をフックに掛け外しする作業を行うには、玉掛けの資格も必要です。

トラックの耐用年数はどれくらい?長く使う方法とは

トラック作業員

トラックは高価なので、できるだけ長く乗りたいですよね。

今回はトラックの耐用年数や買い替えのタイミング、寿命を延ばす方法などについてご紹介いたします。

■トラックの耐用年数はどれくらい?

早速、トラックの耐用年数についてご紹介いたします。

耐用年数はトラックの種類や用途で変動する

耐用年数とは資産の使用価値のことで、おおよその年数は法律によって定められています。耐用年数は減価償却処理を行う際の目安となり、資産の種類や使用状況に合わせて変動します。

新車の貨物用ダンプトラックは4年、その他の貨物トラックは5年と定められています。トラックの区分には「運送事業用」や「貸自動車業用」などがあるので、どのような目的でトラックを使用しているのかを基準に調べることが大切です。

中古トラックの耐用年数を計算する方法

トラックに限らず、中古の資産を事業用に購入した場合は、購入時を起点として使用可能期間(耐用年数)がどれくらいかを見積もります。

法定耐用年数が残っていない場合は「法定耐用年数×20%」で計算します。

結果が2年未満の場合は、一律2年に引き上げられます。

法定耐用年数が残っている場合の計算方法は2種類あります。

「(法定耐用年数-経過年数)+(経過年数×20%)」、または、「法定耐用年数-経過年数×80%」で導くことができます。

法定耐用年数が3年残っている場合の中古トラックを例に計算してみましょう。

一般的な新車トラックの法定耐用年数は5年でしたので次のような公式になります。

「(5年-2年)+(2年×20%)」または「5年-2年×80%」

結果は3.4になります。小数点は切り捨てになるため3年が耐用年数になります。

減価償却の計算方法は2種類

減価償却の計算方法には、定額法と定率法の2種類があります。

<定額法と定率法>

定額法とは、トラックの購入金額を毎年同じ額だけ償却していく方法で、「購入金額÷耐用年数」の計算式で算出します。

一方、定率法は初年度の償却額を多めに計上し、年数の経過に伴って徐々に額を減らしていく方法です。

「未償却残高×定率法の償却率」の計算式で算出します。

<どちらを選ぶべき?>

一般的には定率法のほうが負担は少ないと言われていますが、実際はそうとも言い切れません。

なぜなら、定率法は計算が複雑なうえ、事前に税務署へ届出をしなければならないからです。

また、法人であれば定額法と定率法のどちらかを選択できますが、個人事業主の場合は定額法しか選択できません。

なお、トラックの減価償却には、中小企業や個人事業主が利用できる特例があります。

金額次第では、トラックの購入費用を購入した年に一括計上できるケースもあるので、心強い特例と言えるでしょう。

耐用年数が過ぎたからといって使えなくなるわけではない

法定耐用年数は法律によって定められていますが、あくまで減価償却で用いるための基準なので耐用年数を過ぎたからといって実際に使えなくなるわけではありません。法定耐用年数を過ぎていても現役で活躍しているトラックはたくさんあります。

■トラックの寿命を延ばす方法

トラック作業員

トラックの耐用年数を延ばす方法を3つご紹介いたします。

こまめな点検・メンテナンス

トラックを含め、多くのマシン類はこまめな点検とメンテナンスが寿命を大きく左右します。エンジンオイルの劣化や漏れなどは特に重要なチェックポイントです。エンジンオイルは定期的に交換し、劣化した状態で使い続けないようにしましょう。

<トラックのメンテナンス方法>

日頃から行うべき点検やメンテナンスの方法をお伝えいたします。

・オイル系

オイル類の交換は、自分で行えるメンテナンスの代表例です。

なかでもエンジンオイルは、人間の血液に例えられるほど重要な存在で、エンジンを保護するためには一定の量を必要とします。

そのため、こまめにチェックをし、量が少なければ追加しましょう。

また、オイルの減りが早いときは内部で漏れている可能性があるので、早めに修理を依頼してください。

・冷却系

冷却装置が故障するとエンジンがオーバーヒートを起こし、いずれ走行不能になってしまいます。

冷却装置の故障はさまざまな原因が考えられますが、主に冷却水の不足により生じるので、残量や水漏れが発生していないかを定期的にチェックしましょう。

・バッテリー

トラックの運行状況にもよりますが、バッテリーの寿命は平均で2~3年前後です。

バッテリーの種類によっては、自分でメンテナンスができる場合もあるので、使用期限を目安に行いましょう。

・タイヤ

タイヤには重量のほか、駆動力や制動力などの負荷がかかります。

そのため、偏摩耗した状態で走行を続けると、走行性や安全性、燃費が低下し、トラック自体の耐用年数を早めてしまいかねません。

タイヤの耐用年数を伸ばすには無理な運転は避け、定期的にタイヤを入れ替えて、バランスを調整することも大切です。

<修理を依頼した場合の費用>

整備工場などに修理を依頼した場合、トラブルの箇所や深刻度によって費用が変わります。

費用の目安は、以下の通りです。

オイル系統:小さな部品交換なら数千円程度、エンジンを組み直すような深刻な内容であれば20~100万円程度

冷却系統:液の補充などであれば数千円程度、修理や交換を必要とする場合は2~6万円程度

タイヤ:バランス調整などであれば5,000円程度、交換する場合は1本あたり3~7万円前後

<トラックの警告灯に要注意>

警告灯は、トラックにトラブルが起きていることをドライバーに伝える役割をもち、オレンジと赤の2色が使われています。

緊急を要する場合は赤色で点灯するため、覚えておきましょう。

トラックの代表的な警告灯には、以下が挙げられます。

キャブチルト警告灯:キャブがロックできていない

燃料フィルター水抜き警告灯:燃料フィルター内に水が溜まっている

エンジン警告灯:エンジンシステムの異常

油圧警告灯:エンジンオイルの圧力異常

水温警告灯:エンジン冷却水の異常

充電警告灯:充電系統の異常

ブレーキ警告灯:ブレーキ系統の異常

ABS警告灯:ABS装置の異常

SRSエアバッグ警告灯:エアバッグシステムの異常

急ブレーキや急発進を避ける

急ブレーキや急発進はトラックへの負担が大きく、耐用年数を縮めてしまう要因です。

エンジンへの負担を減らすことが長く走ることに繋がりますので、できる限り安定した走りを心がけましょう。

過積載を避ける

過積載は法律に触れることですが、トラックの耐用年数を縮める原因にもなります。

過積載寸前の量を運んでいると、車両に常に負担がかかっている状態になります。

積載量に注意し、荷台に余裕のある量を積む方ようにしましょう。

■トラックを買い替えるタイミングは?

お金

トラックの買い替え時期について悩んでいませんか?

最後に3つの買い替え目安についてご紹介いたします。

販売開始から7年未満

販売されてからおおよそ7~10年でフルモデルチェンジが行われます。

以前のモデルは型落ちとして扱われるため、一般的に価値が下がってしまいます。

高額買取を狙うのであれば、販売開始時期から6年くらいを目安に買い替えることをおすすめします。

用途や積載物の規格変更

やむを得ない事情により用途や積載物の規格が変更になった場合は、トラックの買い替えを検討しましょう。まだ使えるからといって、規格サイズが異なる積荷を行うと法に触れてしまいかねませんので、きちんと用途に合ったトラックを使うようにしましょう。

修理代が高額になった場合

長く乗っていると修理代も高額になります。車検代よりも修理代が高くなった場合は、買い替えを考える時期としておすすめといえるでしょう。中古トラックとして売ることで、次のトラック購入費用に充てることができます。

トラックの耐用年数は法で定められていますが、実際は大切に乗ることで長く使えます。

しかし、手入れをしていてもいつかは必ず買い替えが必要になります。必要な時期に買い替えを行うということも、長く使うことと同じくらい大切なことですので、いつ買い替えるかの目途を立てておきましょう。

近年注目の「セミオートマトラック」とは?マニュアルトラックやオートマトラックとの違い

白トラック斜め前画像

黒キャップの女性

トラックと言えばマニュアルトラックが広く使用されているものの、近年は「セミオートマトラック」が注目を集めています。オートマトラックとは異なるセミオートマトラックは、どんなトラックなのでしょうか?

今回はセミオートマトラックについて、マニュアルトラックやオートマトラックと比較しながら詳しくご紹介いたします。

■セミオートマトラックはどんなトラック?

・3種類のトランスミッション

自動車の変速機であるトランスミッションは3種類に分けられます。マニュアル、オートマ、セミオートマの3種類です。クラッチペダルはマニュアル車にしかありません。

<マニュアルトランスミッション>

ドライバー自身が変速操作を行う原始的なトランスミッションで、多くのトラックに採用されています。

構造がシンプルで故障も少なく、購入費用や維持費を抑えられる一方、細かい変速操作に慣れるまでは運転が難しく感じる場合もあるでしょう。

なお、オートマ限定の免許では運転できません。

<オートマチックトランスミッション>

乗用車のほとんどに採用されています。

4種類のシフトを使い分けて操作を行いますが、運転中にメインで使用するのはドライブとリバースの2種類です。

変則操作が不要でハンドル操作に集中して運転できるため、運転に慣れていない方でも比較的簡単に運転できます。

ただし、構造がマニュアル式よりも複雑な分、購入費用や維持費のほか、修理費用も高めです。

<セミオートマチックトランスミッション>

マニュアル式とオートマチック式の長所を併せもったタイプです。

基本的な構造はマニュアル式とほとんど変わりませんが、クラッチ操作が不要で、変速の管理は機械が自動で行います。

ドライバーはシフトを切り替えるだけでよいので、運転中の負担を減らせるでしょう。

購入費用や維持費は、オートマチック車とマニュアル車の中間にあたり、燃費の面では、熟練ドライバーが運転するマニュアル車には劣ると言えます。

・セミオートマトラックとは

白トラック斜め前画像

オートマトラックと同様にクラッチペダルがないトラックのことです。クラッチが自動であること以外はマニュアル車と同じ構造で、細かい変速も可能です。運送業界が慢性的なドライバー不足のため、運転に不慣れなドライバーでも操作しやすいセミオートマトラックの需要が特に高まっています。

・セミオートマトラックの種類

各トラックメーカーからセミオートマシステムが開発されています。

<日野>

「プロシフト」というセミオートマシステムを導入しています。シフトチェンジを自動化しており、他社のオートマのようなATではなくAMTと表記されます。

<いすゞ>

いすゞのセミオートマシステムは「スムーサー」と呼ばれています。マニュアルシステムにフルードカップリングと摩擦クラッチを組み合わせて、クラッチを自動制御しています。

<三菱ふそう>

「イノマット」というセミオートマシステムで、コンピュータ制御による自動変速を行います。5~16段のギア段数があります。

<UDトラックス>

UDトラックスは「エスコット」というセミオートマシステムを導入しています。機械式セミオートマで、日野と同様にAMTと表記されます。

・AT限定免許で運転できる?

セミオートマトラックはAT限定の免許で運転できます。セミオートマトラックにはクラッチペダルがなく、アクセルペダルとブレーキペダルの2本のみです。そのため扱いやすく、ドライバーの負担軽減にもつながります。

■各トラックのメリット・デメリットを比較

おもちゃの白トラック2台

・マニュアルトラックのメリット・デメリット

マニュアルトラックは、オートマやセミオートマのトラックと比べて構造がシンプルです。そのため、車両価格が安いうえに故障もしにくく維持費も安いメリットがあります。一方デメリットはクラッチペダルを踏みながらギアチェンジをしなければならないため、操作に慣れる必要があることです。

・オートマトラックのメリット・デメリット

オートマトラックのメリットは、変速操作が不要なことです。ドライブポジションに入れてしまえば自動で変速操作が行われるため、ハンドル操作だけに集中できます。オートマトラックのデメリットは本体価格や維持費が高いことです。

・セミオートマトラックのメリット・デメリット

セミオートマトラックはマニュアルトラックよりも操作が簡単で、オートマトラックよりも細かい変速操作ができるメリットがあります。マニュアルトラックに比べると構造が複雑なので、本体価格や維持費は高いのがデメリットです。

■セミオートマトラックは中古車購入がおすすめ

セミオートトマトラックの導入を検討しているなら、中古市場も視野に入れて探してみましょう。

その理由と、購入時に確認すべきポイントをご案内いたします。

・中古市場にセミオートマトラックが増加

セミオートマトラックの普及により、中古市場へ流入する台数も以前より増えています。

中古トラックは新車よりも低価格で提供されているほか、点検と整備を済ませた状態の現物がすでに存在するため、比較的納車もスムーズな点がメリットです。

なかには、新車と同程度の良質な中古トラックも取り扱われているケースもあります。

一方、新車は納車までに一定の期間を要するうえ、セミオートマトラックの場合は構造が複雑で、それなりの製造コストが必要なため、販売価格は決して安くありません。

導入コストを抑えたいなら、中古市場から適したトラックを選んでみてはいかがでしょうか。

・購入時に確認すべきポイント

中古トラックは点検・整備が行われているものの、状態は車両ごとに異なります。

そのため、購入時は細かい部分まで確認しましょう。

<基本項目>

まずは、以下の基本的な内容を確認しましょう。

  • 年式
  • 走行距離
  • 整備点検記録簿
  • 車検証の内容
  • 自賠責保険証明書の有効期限
  • 自動車税の納付履歴
  • スペアタイヤの有無
  • 車載工具など付属品の有無
  • エンジンの音や振動、ブレーキの効き具合

<外装>

購入直後に不備を発見することのないよう、外装をチェックする際は以下の項目を見ます。

  • ボディの傷やへこみ
  • タイヤの減り具合
  • シャーシの歪みやサビ
  • 荷台・あおりの状態と開閉具合
  • 窓・ミラー・ランプなどの状態と動作確認
  • 車検ステッカーの内容

<内装>

内装の状態はドライバーのモチベーションを左右するため、内装をチェックする際は以下の項目を見ます。

  • キャビンのにおい
  • エアコンのにおいと動作確認
  • メーターパネルやインジケーターランプの動作確認
  • オプションの有無と操作方法

・購入後のトラブルを避けるには

数ある中古セミオートマトラックの中から購入する1台を見つけるには、希望する年式と走行距離に見合う候補を絞ったのちに現物を確認する必要があります。

一般的にトラックの寿命は10~15年ほどと言われており、年式と走行距離はエンジンやブレーキの状態を測る目安になるため、一つの指標にしましょう。

また、購入後のトラブルを避けるためにも、購入前に試乗をし、ハンドルや足回りの感覚、異音などを入念に確認することも大切です。

■まとめ

セミオートマトラックはマニュアルトラックの操作に慣れていないドライバーや、AT限定の免許しか取得していない人でも運転が可能です。ドライバー不足解消のためにも、セミオートマトラックの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

トラックのDPFとは?故障の症状や原因などをご紹介

DPF

DPF

トラックを運転している方なら馴染みのあるDPFですが、故障してしまうことがありますよね。まだ故障したことがないという方も、これからのために故障について知っておくことをおすすめします。

今回はDPFの故障の症状と原因についてご紹介いたします。

■トラックのDPFとは

・DPFとは

正式名称を「ディーゼル・パティキュレート・フィルター」といい、頭文字をとってDPFと呼ばれています。

DPFはディーゼルエンジン搭載のトラックが出す黒煙(排気ガス)内の有害物質である粒子物質(PM)をフィルターで補集し、大気中に有害物質が吐き出されないようにする機能です。

排気ガスの浄化を行う装置はDPF以外にも種類がありますが、トラックメーカーによって搭載している装置が異なり、DPFを採用しているメーカーには三菱ふそうやUDトラックなどがあります。

・DPFの仕組み

DPF

DPFは排気ガスがフィルターを通る際に粒子物質が濾過されるようにフィルターに引っかかります。DPFのフィルターは10マイクロメートルほどの小さな穴なので、ほとんどの有害物質は通り抜けることができません。

DPFを使用し続けるとフィルターが目詰まりを起こしてしまいます。定期的にフィルターを交換するか、600℃以上の熱でPMを燃焼させることで機能が再生します。

フィルター内部に溜まった粒子物質は3通りの方法で燃焼させます。

①連続再生方式(自己再生方式)

排気ガスの熱エネルギーなどを利用して燃焼させる方法。

②間欠再生方式

電気ヒーターで燃焼する方法。

③添加剤再生方式

燃料に触媒を供給することで酸化反応を起こし、DPFの温度上昇によってPMを燃焼させる方法。

どれもDPFを温めることで濾過機能を再生させる処理方式で、セルフクリーニングとも呼ばれます。

トラックDPF

・DPF以外の種類

DPFの他に、「DPR」や「DPD」と呼ばれる装置もあります。

<DPRとは>

排出ガスを浄化する役割はDPFと変わらないものの、DPRはフィルターが目詰まりすると、ヒーターが燃焼して再生する機能も備えています。

DPFの進化版と考えるとよいでしょう。

<DPDとは>

排出ガス内に含まれる粒子物質(PM)を除去・浄化する装置です。DPD内のフィルターに一定量のPMが蓄積すると、燃焼して自動再生が行われます。

ただし、状況によって自動再生されない場合は、手動で再生する必要があります。

名称や構造に違いはあるものの、役割はすべて同じであると覚えておきましょう。

■もしかしてDPFの故障?症状と原因

DPF

DPFは2003年(平成15年)に新しいPM規制基準をクリアしないディーゼル車の走行が禁止されたことで注目を集めるようになりました。

排出ガス規制において非常に重要なDPFは耐久性も高くなっていますが、もちろん故障することもあります。

・DPFが故障すると

DPFが故障すると排気ガスの微粒子除去が正常に作動しなくなります。

DPFの故障原因の多くは先述のとおりフィルターの目詰まりです。フィルターが詰まり始めるとインジケータランプが点滅します。もし点滅をしたら、早めに再生作業を行いましょう。方法は以下の3通りです。

①停車

②高回転のアイドリング

③インジケータランプとDPF再生ボタンを押す

ただしインジケータランプが点滅から点灯に変わると自分で再生できなくなりますので、整備工場などで修理を依頼することになります。

DPFの不備はエンジンにも影響を与え、回転数が低下したりトルク不足や燃費が悪くなるなどの問題に繋がります。

・故障の原因

DPFが最適な状態であれば頻繁に故障することはありません。しかし、悪い状態が続くことで故障のリスクが上がってきます。原因となることが多い症状をご紹介します。

<低速走行・短距離走行の連続>

低速や短距離の走行は排気ガスの温度が上がりきらず、セルフクリーニングが行えなくなります。

<頻繁にエンジンを切る>

排気ガスが処理できていない状態で何度もエンジンを切ることでPMが溜まり続けます。

<長時間のアイドリング>

アイドリング中はセルフクリーニングが行えず、PMが溜まり続けます。

<渋滞>

渋滞が続くとエンジンの回転数が上がらず、セルフクリーニングが行えなくなります。

<経年劣化>

DPFは有害物質を熱処理するので、長期間の使用により経年劣化が進みます。

<エンジンが温まらない>

セルフクリーニングには高温の熱が必要なので、温まる前にエンジンを切るとセルフクリーニングが上手く行えません。

・メーカーごとの対処法(手動再生の仕方)

メーカーごとに手動再生の方法をご紹介いたします。

いずれの場合もエンジンは止めず、アイドリング状態を維持してください。

<日野>

DPRが採用されています。

インジケータランプの点滅後、150km以内に対処してください。

  1. トラックを安全な場所に停車
  2. 排出ガス浄化装置スイッチを押して手動再生を行う
  3. インジケータランプと「DPF再生中」の表示が両方消灯するまで15~20分ほど待つ

<トヨタ>

DPRが採用されています。

インジケータランプの点滅後、50km以内に対処しましょう。

  1. トラックを安全な場所に停車
  2. パーキングブレーキをかけ、シフトレバーは「N」に入れる
  3. 排出ガス浄化装置スイッチを押して手動再生を行う
  4. ランプが点滅から点灯に変わり、再生中の表示とともにエンジン回転数が上昇し、再生が開始する
  5. ランプが消灯し、回転数がもとに戻ったら走行可能ですが、再生まで15~40分程度かかる

<いすゞ>

DPDが採用されています。

  1. インジケータランプが点滅したら、安全な場所にトラックを停車
  2. パーキングブレーキをかけ、シフトレバーを「N」に入れる
  3. DPDスイッチを押す
  4. 手動再生の表示が点滅から点灯に変わり、エンジン回転数が上がれば、再生が開始される
  5. 「DPD手動再生」の表示が消灯したら走行可能ですが、再生まで15~20分程度かかる

<三菱ふそう>

DPFが採用されています。

インジケータランプが点滅したら、50km以内に対処しましょう。

  1. トラックを安全な場所に停車
  2. パーキングブレーキをかけ、シフトレバーを「N」に入れる
  3. インジケータランプが点滅から点灯に変わるまでDPFスイッチを押す
  4. エンジン回転数が上昇し、再生が開始される
  5. 10~25分ほどして、インジケータランプが消灯したら再生処理は終了

<日産>

DPFが採用されています。

  1. インジケータランプが点滅したら、トラックを安全な場所に停車
  2. パーキングブレーキをかけ、シフトレバーを「N」に入れる
  3. DPF手動再生スイッチを押す
  4. ランプが点滅から点灯に変わり、エンジン回転数が上昇するとともに、DPF再生処理が始まる
  5. 35分ほどすると再生処理が終わり、ランプが消える

<マツダ>

DPFが採用されています。

インジケータランプが点滅したら、30km以内に手動操作を開始してください。

なお、1~4の手順は10秒以内に行いましょう。

  1. トラックを安全な場所に停車
  2. パーキングブレーキをかけ、シフトレバーを「N」に入れる
  3. DPFスイッチを1~2秒ほど長押しする
  4. DPFスイッチから指を離す
  5. 指を離して1~2秒待ち、再びDPFスイッチを3秒以上押す
  6. エンジン回転数が上昇したのを確認し、PM除去が開始されたらスイッチから指を離す
  7. 10分ほど経過すると、再生処理が終了する
  8. DPF表示灯が消えたら走行可能

・DPFが故障したまま走行すると

国土交通省は、昭和41年から排出ガス規制を開始しました。

なお、規制は年々強化され、国内を走るすべての自動車を対象に、Nox(窒素酸化物)やPMなどの排出量を厳しく制限しています。

また、車検の項目にも排出ガス検査が含まれており、基準値を上回る自動車は車検に通りません。

トラックのDPFが故障したまま走行すると、整備不良として罰則の対象になるため、注意が必要です。

・DPFの修理費用はどれくらい?

DPFが故障した場合は、すぐに修理しましょう。

費用の目安は以下の通りで、車両が大きくなるほど金額が上がります。

<小型トラック>

部品代:40万円前後

<中型トラック>

部品代:60万円前後

<大型トラック>

部品代:100万円前後

なお、上記に工賃が加わります。

・故障の予防方法

エンジンの状態が最適であることが故障の予防に役立ちます。高速道路などを走行することでエンジンの回転数を上げ、高温処理ができるようになります。

DPFは地球環境やエコの観点から重要な役割を持っています。故障に気を付け、安全でエコな運転を心がけましょう。

フルトレーラーとはどんなトラック?【牽引専用車両の要】

牽引専用車両にはセミトレーラーとフルトレーラーの2種類がありますが、どのような違いがあるかご存じですか?

フルトレーラーは国内では数が少なく、セミトレーラーが主流でした。しかし、規制緩和によってフルトレーラーも活躍の場を増やしています。

今回はフルトレーラーがどのようなトラックかについてご紹介いたします。

■フルトレーラーとは

まずはフルトレーラーがどのようなトラックなのかをご紹介します。

・フルトレーラーとは

たくさんの荷物を運ぶトラックが、電車のように荷台部分がつながっているのを見たことがあると思います。あの荷台部分が「トレーラー」です。

トレーラーにはフルトレーラーとセミトレーラーの2種類があり、フルトレーラーは一般的なトラックに連結機能があるもので、トレーラー部分がなくても荷物を載せることができる特徴があります。

一方セミトレーラーは、トラクターに荷台が搭載されていないのでトレーラーなしの状態で荷物を載せることができません。
日本国内ではセミトレーラーが多い傾向にあります。

・トラクターとの違い

トラクターは牽引車両のことで、荷台部分を引っ張る車両が該当します。ほかに「トラクターヘッド」「トレーラーヘッド」などと呼ばれることもあります。

反対に引っ張られる方の車両をトレーラーと呼びます。エンジンがないのでトレーラーが単体で走行することはできません。

・フルトレーラーは大きく2種類

フルトレーラーには2種類あります。

<ドリー式>
セミトレーラーと同様に、カプラー付きのドリー(前軸台車)とトレーラーを連結するタイプです。

最初からドリーがついているタイプと、セミトレーラーを連結させるタイプの2種類があります。

車軸が前後に分かれているので荷重が分散されやすい反面、連結部分が曲がるため慎重に運転をする必要があります。

<センターアクスル式>
長いドローバーが伸びており、トラクターの後軸後部と連結するタイプです。

ドリー式のように連結部分が曲がらないためコントロールしやすい反面、車軸がトレーラーの中央にあるので荷重がトラクターにかかりやすくなります。

■フルトレーラーの形状

フルトレーラー連結

フルトレーラーには、さまざまな形状があります。

・平ボディトレーラー

平ボディトレーラーはトラックの平ボディと同じく、荷台に屋根がありません。

架装が軽いので、多くの荷物を運搬できる貨物自動車として活躍しています。

骨組みの付いた幌(ほろ)を被せると、雨や雪の日でも荷物を保護しながら走行が可能です。

・バンフルトレーラー

荷台が箱型のフルトレーラーです。

後方や側面の一部のみが開くドライバンタイプのほか、荷台の側面が大きく開くウィングタイプ、冷凍冷蔵機能を備えたタイプもバンタイプに含まれます。

・ダンプフルトレーラー

青ダンプトレーラー荷台

ダンプトレーラーの積載量は約18tと非常に重く、「ダンプアップすると車両が転倒する恐れがある」との理由で、一時期まで使用を禁止されていました。

そのため、国内ではあまり普及していません。

現在活躍しているダンプトレーラーは、土石の採掘現場からコンクリート製造工場まで原料を運搬する際に使用されています。

・コンテナ積載用フルトレーラー

海上コンテナの運搬用として誕生したフルトレーラーです。

シャーシフレームの隅に付いた金具を使って、コンテナを固定します。20フィートや40フィートなど、海上コンテナの長さに合わせて選びましょう。

■フルトレーラーは活躍の場を増やしている

これまで日本で主流となっていたのはフルトレーラーではなく、セミトレーラーでした。理由として、日本ではフルトレーラーの規制が厳しかったことが挙げられます。

ここではフルトレーラーの規制についてと、フルトレーラーを活用するメリットについてご紹介します。

・フルトレーラーはこれまでに2回規制緩和が行われている

フルトレーラーは非常に車両全長が長くなるため、長さについて制限が設けられています。2013年まではフルトレーラーは全長19メートルまでしか認められていませんでしたが、2013年に規制緩和が行われ、最長21メートルまでが認められるようになりました。

現在はさらに規制緩和が進み、セミトレーラーとフルトレーラーが連結した25メートルまで活用できるようになりました。
この規制緩和により、ドライバーが1人で今までの10トントラックの2倍もの荷物を運搬できるようになっています。

・フルトレーラーのメリット

前述したとおり、フルトレーラーを使用する最大のメリットは、10トントラック2台分の荷物を1度に運ぶことができる大容量の荷台です。

トレーラーを連結して共同運行ができるほか、輸送の選択肢を広げたことも評価されています。

さらにトレーラーは重量課税の対象外になります。
そのため10トントラックを2台保有するよりも、トレーラーを導入する方がランニングコストは低くなります。

昨今より、自動車から排出されるCO2は地球温暖化の一因になっていると言われていますが、物流業界では自動車を使った運搬が日常であるため、環境への配慮を避けては通れません。

環境性能に長けたトラックへの買い替えもさることながら、大容量の荷台を備えるフルトレーラーの導入は、排出ガス量を抑える方法の一つとなり得ます。

・フルトレーラーのデメリット

フルトレーラーの運転は大型トラックよりも難しく、判断力と高度なテクニックが求められます。

そのため、フルトレーラーのドライバーとして活躍するには、時間をかけて技術と経験を積むほかありません。

また、フルトレーラーの運転には大型免許と牽引免許が必要です。取得の難易度が高めであることもデメリットと言えるでしょう。

■フルトレーラーの運転に必要な免許とは

黒板に運転免許の英字

・大型免許

トラクターは大型自動車に分類されるため、運転には大型免許が必要です。

大型免許は、満21歳以上で普通免許などを取得してから3年以上の運転歴がないと取得できません。

取得方法と費用は、以下の通りです。

  1. 教習所に通う:23~33万円前後
  2. 合宿免許に参加する:20~23万円前後
  3. 運転免許試験場にて試験を受ける:4万円前後

運転免許試験場にて試験を受ける方法が最も手頃に思えますが、難易度は高めです。

効率よく免許を取得するなら、教習所に通うか合宿免許に参加するほうがよいでしょう。

<運転免許試験場での試験について>

運転免許試験場での仮免許技能試験に合格した後、3か月以内に5日以上の技能教習を受け、本試験に臨む必要があります。

なお、19歳以上かつ特例教習を受けた方で、準中・中・普通または大型特殊のいずれかを取得してから1年以上の運転歴がある方も受験できます。

・牽引免許

牽引免許とは、車両総重量750kg以上の被牽引車を牽引する際に必要な免許です。

取得するには満18歳以上で、普通免許などを保有している必要があります。

取得方法と費用は、以下の通りです。

  1. 教習所に通う:15万円前後
  2. 合宿免許に参加する:12万円前後
  3. 運転免許試験場で受験する:6,000円前後

なお、牽引免許には旅客用の「第二種免許」もありますが、国内では旅客を目的とした被牽引車の運行はほぼ行われていません。

・フォークリフト運転技能講習(フォークリフト免許)

フルトレーラーへ荷物を積み込む際は、フォークリフトを使用します。

ただし、フォークリフトの操作には、フォークリフト運転技能講習修了証(フォークリフト免許)が必要です。取得すると、最大積載荷重1t以上のフォークリフトを操作できます。

フォークリフト免許の講習は、大手フォークリフトメーカーや都道府県労働局長登録教習機関などで行われており、取得費用は保有する免許の種類によって異なりますが、最大で4万円前後が目安です。

物流業界は人が足りないといわれていますが、フルトレーラーを活用することで人手不足の解消にも役立つと考えられています。
頻繁に多くの荷物を運ばなくてはならない場合は、一度フルトレーラーの活用を検討してみてはどうでしょうか。

冷凍車が冷えない!原因や対策方法は?

冷凍車

冷凍車

生鮮食品や精密機器の運送に欠かせない冷凍車。冷えにくいと感じたことはありませんか?冷凍車が冷えないと運搬する商品を傷めてしまうかもしれません。冷凍車が冷えにくくなる前に対策を取りましょう。

今回は冷凍車が冷えない理由や対策などをご紹介いたします。

■冷凍車が冷えにくい原因とは?

まずは故障以外の原因で冷凍車が冷えにくくなる原因を2つご紹介します。

・荷物を積みすぎている

冷凍車に荷物を積みすぎると冷気が循環せず冷えてくれません。冷凍庫の冷風口が荷物で塞がれていないか確認をしましょう。また、一度に運ぶ荷物の量を調整することも検討してみてください。

・設定温度が低すぎる

なかなか冷えないからといって設定温度を下げ過ぎていませんか?

新しいタイプの冷凍車であれば「自動霜取り機」が搭載されていますが、古い場合はついていません。設定温度が低すぎるとどんどん霜が溜まってしまい、冷風口を塞いでしまうことがあります。

冷風口の確認と、設定温度の見直しを行いましょう。

■冷凍車の点検で確認しておきたいところは?

冷凍車 車検

冷凍車が冷えない原因を取り除くためにはしっかり点検やメンテナンスを行うことが大切です。ここでは特に気を付けたい場所をご紹介します。

・コンプレッサー

コンプレッサーは期待の冷媒を循環させる役割をもつ装置です。

コンプレッサーは冷凍車のエンジン駆動力を使って作動するため、冷凍庫を冷やした状態にしておくには常にエンジンをかけておかねばなりません。

なかでも、コンプレッサーに起こる不具合で特に多いのが、コンプレッサーベルトの緩みです。指で軽く押してベルトが緩んでいないかを確認してください。

・ドレインホース

冷凍車にはゴム製のホースがついていますが、これは主に冷凍車の庫内を掃除する目的で取り付けられています。

このドレインホースが劣化していると、庫内の掃除がうまくできなくなってしまうだけでなく、庫内の冷気が逃げる原因にもなります。ドレインホースが傷んでいないかしっかりチェックしましょう。

シャワーホース

また、ホースにはごみが溜まりやすいので、定期的に水洗いをしましょう。

放っておくと不衛生なだけでなく、庫内に水が流れ込んで温度設定に影響を及ぼす恐れもあります。特に塩分や油分を含む荷物を運ぶ機会が多い場合は、こまめに洗浄してください。

・冷媒ガス量の点検

機械式の冷凍車では冷媒ガスを使って冷凍庫内を冷やすタイプもあります。

圧縮→凝縮→膨張→蒸発を繰り返すことで冷媒サイクルを作り、冷凍庫内を冷やす仕組みになっています。冷媒ガス量が適正でなければ、冷媒サイクルをうまく作ることができなくなり、冷凍庫が冷えなくなってしまいます。

点検方法は、冷却装置を10分ほど稼働させ、サイトグラスを確認します。透明であれば適量ですが、細かい気泡や霧状のものが白く流れて見えるようであれば、冷媒ガスが不足またはない状態です。

・コンデンサの状態

コンデンサはコンプレッサーから送られた高圧・高温のガスを外気で冷やして液化し、膨張弁に送る仕組みを持っています。コンデンサは放っておくと目詰まりを起こし、負荷が大きくかかってしまいます。定期的に洗い、目詰まりを起こさないようにしましょう。

コンデンサの洗浄は、難しくありません。

冷凍装置を稼働させ、コンデンサモーターが回っていることを確認したら、ホースを使って水を勢いよくかけます。ホースを上から下に向かってジグザグと細かく動かし、水圧で汚れを洗い流すイメージです。散水中は、アルミフィンを潰さないよう注意してください。

・パッキンやコーキングなどの状態

パッキンが傷むと、隙間から冷気が逃げてしまいます。冷凍車があまり冷えないと感じたら、早めに新品と交換しましょう。

また、コーキングの剥がれは断熱効果を低下させ、冷凍車が冷えない原因の一つです。

テープを貼って応急処置をする方法もありますが、そのままの状態で使用し続けると、トラブルに発展する恐れがあるので、すぐに修理を依頼しましょう。

■冷凍車を使う際のポイント

冷凍車

最後に冷凍車をうまく使う方法を4つご紹介します。

・荷物を積む前に冷やしておく

当たり前のことと思う方もおられるかもしれませんが、冷凍庫内は荷物を積む前に冷やしておきましょう。

荷物を積むと冷凍庫内の温度が上昇するので、最初は少し温度を低めに設定しておくことをおすすめします。

・荷物は隙間を開けて積む

冷凍庫が冷えない原因は荷物の積みすぎだけでなく、積み方にもあります。

荷物同士がぴったりくっついている状態では全ての荷物を均等に冷やすことができません。荷物の間隔をあけ、冷気が通りやすくしておくことが冷えないときの対策になります。

・週に1度はメンテナンスをする

冷凍車を普段あまり使っていない場合でも、週に1度はメンテナンスを行うようにしましょう。

冷凍庫内を洗って乾燥させるだけでなく、コード類や電気系統に異常がないかを確認してください。メンテナンスを行うことで冷えないだけでなく、他の異常にも気が付きやすくなります。

・シーズンイン点検を行う

気温の高い夏場によく活躍する冷凍車ですが、外気温が上昇する前に「シーズンイン点検」を行いましょう。

普段、点検やメンテナンスを行っているから大丈夫だと思っていても、いざ使うときに何らかのトラブルが発生することもあります。少しでも早い段階で対処できるよう、本格的に冷凍車が活躍するシーズンになる前に点検を行うことが大切です。

冷凍車の冷却装置は、3か月に1度の簡易点検に加えて、サブエンジン搭載車の場合は年に1度の定期点検が義務付けられています。

簡易点検は、振動や異音、オイルのにじみ、破損、サビ、エラー表示など、目視による外観の点検がメインです。一方、定期点検は資格保有者しか行えないので、専門業者に依頼しましょう。

過去には、冷凍車の庫内が十分に冷えない状態で配送をした結果、食中毒や品質の低下を招き、顧客からの信頼を失ったというトラブルも発生しています。

特に夏場は温度管理が重要になるシーズンです。荷物の鮮度を保つためにも、冷却装置は念入りに点検しておきましょう。

・積み下ろしの時間を短くする

要冷凍シール添付の箱とおもちゃのトラック

荷降ろしのためにドアを長時間開けていると、庫内の温度上昇につながります。

効率よく荷物を降ろせるよう、積み込みの仕方を配慮したりカーテンを設置したり、工夫をして冷気の逃げや外気の侵入を防ぎましょう。

さらに冷凍車を停車させる際は、直射日光が当たりにくい日陰を選ぶことも大切です。

冷凍車が冷えないときは、落ち着いて荷物の積み方や冷風口の状態を確認しましょう。

もし異常が見られないようであれば、速やかに点検することで被害を抑えることができます。大切な荷物と冷凍車のためにも点検やメンテナンスは必ず行うようにしてくださいね。

■冷えない冷凍車…もしかして買い替え時期?

清掃や作業の改善をしても冷凍車が思うように冷えない場合は、買い替えを検討する時期かもしれません。

・冷凍車の寿命

冷凍車の寿命は、耐用年数を目安に考えましょう。

通常のトラックとは構造が異なることから、耐用年数を過ぎて使用するとトラブルを招く恐れがあるためです。

冷凍車の耐用年数は、新車の場合で12年、中古車の場合は12年から使用した年数を引いた数字に0.8(耐用年数の20%)をかけて算出してください。

・冷凍車の修理費用の内訳

場合によっては、買い替えずに修理を依頼してみるのもよいかもしれません。

冷凍車の修理費用は業者によって変動しますが、費用の内訳はおおむね以下の通りです。

  • 出張費
  • 診断費
  • 工賃
  • 部品材料費

夜間や緊急の場合は、上記に時間外料金や緊急対応費が加わるケースもあります。

なお、Vベルトやドレインホースなどは消耗品のため、使用頻度や年数に応じて定期的に交換してください。

・冷凍車を買い替えるなら新車?中古車?

冷凍車は冷凍装置を搭載している分、導入コストが高めです。

そのため、費用を抑えたいなら、新車で購入するよりも状態のよい中古車を選ぶのがおすすめです。

なお、中古の冷凍車に買い替える際は、車両本体の状態に加えて冷却システムの種類や荷室の状態を確認したうえで選びましょう。

リーチリフトの操作を上達させるには?リーチリフトの達人になるためのヒント

フォークリフト

フォークリフト

フォークリフトはたくさんの荷物をまとめて移動させることができるので、倉庫や工場内で車の代わりに利用されています。日々フォークリフトを操作する方の中には、「実はフォークリフトの操作が苦手」という方もいらっしゃることでしょう。

今回はフォークリフトの中でも小回りの利くリーチリフトの操作方法についてご案内いたします。

■そもそもリーチリフトとは

・フォークリフトとは

フォークリフトとは倉庫などで活躍する荷物を運ぶための自動車です。車体の前方にフォークと呼ばれるツメが付いており、荷物の下やパレットに差し込むことで移動させることができます。

フォークリフトは操縦するために自動車の免許ではなく、フォークリフトの免許が必要になります。積載量が1トン以上の場合と、1トン未満の場合では必要になる免許が異なります。無免許で運転をすると罰則の対象になりますので、必ず運転する際は免許を取得してからにしましょう。

・リーチリフトとは

リーチリフトはフォークリフトのうち、立ったまま操作をするタイプのものをいいます。リーチリフトはフォークの部分が前後に伸縮するように動くのが特徴です。タイヤが90度回転するので非常に小回りが利き、またバッテリー充電で動くので排気ガスもなく屋内での作業に大変重宝されています。

・リーチリフトのメリット

フォークリフト

立ったまま操作するので、乗り降りが非常に楽です。また、車体がコンパクトなので狭い場所でも活躍してくれます。

フォークだけを動かせるので、狭い通路でも作業がしやすいところもメリットといえるでしょう。リーチリフトは屋内専用となっています。

・リーチリフトのデメリット

バッテリー式なので充電を忘れると使えません。たとえ充電をしていても、長時間の連続操作をしているとバッテリー切れになってしまうこともあります。

また、エンジン式のフォークリフトに比べてパワーが劣ります。狭い場所での操作は可能ですが、使用する場所は平らな場所でなければなりません。座って運転するカウンターリフトに比べて安定性が低いので、注意しないと転倒するリスクもあります。コンパクトな車体なので積載量が3トンくらいまでしかなく、重たいものを運ぶときにはリーチリフトでは間に合わないこともあります。

■リーチリフトの操作方法

フォークリフト

・リーチリフトの操作方法

リーチリフトはペダルやレバーを使って操作します。

足元には安全スイッチのペダルとブレーキペダルがあります。手元にはアクセル、フォークの伸縮用レバー、フォークを左右に動かすレバー、フォークの先端を動かすレバー、マストを上下させるレバーがあります。

レバーがたくさんあるので最初は難しいと感じるかもしれませんが、しっかり覚えれば操作を間違えることはありません。レバーの場所や操作方法は念入りに確認しておきましょう。

・リーチリフトがうまく操作できない原因

重たいものを運ぶ際、多くの荷物を乗せすぎてしまうことに気をつけなければなりません。多少重量オーバーしていても走行できますが、リーチリフトに負担がかかってしまいます。

また、屋内で急発進や急ブレーキを使うと、ものや人にぶつかってしまう可能性があります。仕事を早く終わらせようとスピードを出しすぎると事故を起こす危険性が高くなるので注意が必要です。また、操作に慣れてくると一度に多くの荷物を運ぼうとしてしまうため操作の基本を忘れないように運転しましょう。

・リーチリフトの操作が上達するコツ

バッテリー式で走行するリーチリフトは、バッテリーに負荷をかけない操作が大切になります。そのため急ブレーキや急発進を行うと消耗が激しくなります。丁寧な運転を心がけることが上達のコツです。

また、リーチリフトの特徴である小回りの利く車体を、ハンドル操作によって方向転換の際に小さく回すこともバッテリーへの負荷を軽減させます。

■リーチリフトの操作方法

・リーチリフトが上達しやすい人とは?

操作がうまくなりやすい人には、以下の特徴があります。

<初心を忘れない人>

初心を忘れず、基本に従って操作をする人は上達しやすく、作業も効率よく行えるでしょう。

<周囲をよく観察している人>

どこに何があるか、周囲を観察しながら操作をしている人は無駄な動きを省けるため、安全かつスムーズに作業を行えます。

<適度にリラックスできている人>

必要以上に肩に力が入っていると、周囲にプレッシャーを与えてしまい、自身も柔軟に対応しにくくなります。

メリハリをつけて操作するように意識しましょう。

<トラックの荷台を把握している人>

荷台の広さや積載量が把握できていると、積み荷作業を効率よく進められます。

さらに荷物を降ろす際の順番にも配慮できると、ドライバーや荷主から重宝されるでしょう。

■リーチリフトの操作が難しいと感じる理由

リーチリフトに乗る男の人

なぜリーチリフトの操作が難しいと感じるのでしょうか。まずはリーチリフトの操作を難しいと感じやすい大きな理由を3つご紹介いたします。

・狭い場所で活用されやすい

リーチリフトの特徴は小回りの利くコンパクトな車体です。そのため、狭い場所で活用されることが多くなっています。

狭い場所は、操作に慣れていないとぶつけてしまいそうに感じる人が多いのではないでしょうか。また、コンパクトな車体は車両重量も軽いため、動きが素早くなります。早く動くと操作しにくいと感じるだけでなく、身体への負担も大きくなります。特に旋回は身体が振り回されるようになるため、リーチリフトの操作が難しいと感じやすいようです。

・レバー操作

リーチリフトのハンドル操作

リーチリフトには多くのレバーがあります。

レバーの種類は4種類あり、アクセル、爪の高さ、爪の伸縮、チルトレバーです。なお、レバーはリーチリフトの種類によって本数が異なることもあります。リーチリフトの操作はレバーだけでなくペダルやハンドルもあり、すべてを使わなくてはならないため、なかなか操作に慣れない人もいるようです。どのレバーがなんの役割をしているのかをしっかり覚えることが非常に重要といえるでしょう。

・不安定に感じる

リーチリフトは立ったまま操作をするため、縦に長い形をしています。一方、カウンターリフトは座って操作するため、横に大きく重心が低く、安定しやすい形が特徴です。

リーチリフトは小回りがききやすい大きさや形になっているため、不安定に感じやすいというデメリットがあります。動きも早いため、旋回や停止で振り回されるように感じることで、リーチリフトの操作を怖いと感じる人もいるようです。慣れないときに無理に早い動きをすると転倒リスクも高くなるため、注意してください。

■リーチリフトの操作のコツ

倉庫で操作する女の人

では、どうすればリーチリフトの操作がうまくできるようになるのでしょうか。こちらで操作のコツを4つご紹介いたします。

・基本の操作をマスター

何事も基本がもっとも大切です。まずはリーチリフトの基本操作をマスターしましょう。忙しいときでも無理をせず、ゆっくり操作をしながら徐々に慣れていくところから始めてください。正しい姿勢や視点のキープも操作のコツの一つです。

また、丁寧な操作はバッテリーへの負荷も少なくなります。日頃から落ち着いて丁寧な操作を心がけてください。

<発進準備>

  1. フロアデッキに乗ったら、ブレーキがかかっているかを確認する
  2. 左手でハンドルを握り、右手でスイッチを入れる
  3. 左足でブレーキペダルを踏み、ブレーキを解除する

<前進と後進>

  1. 左足でブレーキペダルを踏み、右手でアクセルレバーの操作を行う
  2. アクセルレバーは奥に倒すと前進、手前に引くと後進する

速度はレバーの傾き具合で調節しましょう。

リーチリフトに乗る男性

・ハンドル操作のコツ

小回りの利くリーチリフトはハンドルが非常に利きやすいので、ハンドルは戻しの速度を意識することが大切です。前進する際はフロントタイヤを軸にするようにしてください。

ハンドルを戻すのが遅いと、回りすぎてしまいます。ハンドルを使う際は最大まで回すと回りすぎるだけでなく、バッテリーへの負荷も大きくなるためできるだけ避けるほうがよいでしょう。

ハンドルの利きを身体で覚え、できるだけ早くハンドルを回すようにできれば操作がかなり楽になりますよ。

<右折と左折>

  1. 進みたい方向にハンドルを回して、右左折します。

・ブレーキのコツ

リーチリフトでブレーキを使用する際に覚えておきたいのが、前進と後進でブレーキの利きが異なるという点です。

後進は主に荷物を運んでいる際に使用しますので、車両重量が増えています。そのため、ブレーキは利きやすくなります。

ブレーキを使う際は前後進のレバーを同時に使うことがポイントです。後進時にレバーを前に倒すことでリーチリフトを停車させることができ、ブレーキを使うよりも早い操作ができることがあります。どちらも状況に応じて使えるようにしておくと便利ですよ。

<停止>

リーチリフトは、ブレーキペダルから足を離してアクセルレバーを戻し、ブレーキペダルから徐々に足を離して停止させる仕組みです。

・荷役操作のコツ

リーチリフトの操作は荷役操作も重要です。

当たり前のことですが、最大積載量まで荷物を積むことは必ず避けてください。

荷物の種類によって適したパレットを使うことも、安全に荷物を運ぶために大切なことです。また、リフト操作時は爪を平行に保つことを常に意識しましょう。

移動しながら荷物の積み下ろしをすると非常に危険です。効率よりも安全性を守るように意識してください。

荷物は一度にたくさん運搬せず、複数回に分けて運搬するなどの工夫も必要に応じて行いましょう。

<フォークの操作>

  1. 減速しながら荷物に近付いて、荷物の前で一旦停止します。
  2. 荷物が荷崩れを起こしていないかを確認します。
  3. フォークを水平にし、パレットの差し込み口の高さに位置を合わせたら、フォークを差し込みます。
  4. マストを伸ばしてフォークをパレットの根元まで差し込みます。
  5. バレットを10cmほど浮かせ、マストを引っ込めます。
  6. パレットの先端がパレット台から20cmほど離れるまで後進し、一旦停止します。
  7. フォークを下げ、パレットの底面が斜めになるようフォークを後傾させます。

■リーチリフトの操作中に意識したいこと

リーチリフトで荷物を運ぶ女性

リーチリフトを操作する際は、以下に注意しましょう。

・自動車と同じ感覚で乗らない

リーチリフトのハンドルは、自動車と同じ感覚で回さないようにしましょう。

急に回さず、小刻みに回すことがポイントです。

・「ながら操作」をしない

慣れると操作を同時進行しがちですが、実は非常に危険な行為です。

初心を忘れず、基本の操作を意識しましょう。

操作がうまい人ほど、基本を忠実に守っています。

・運搬時はバック走行にする

荷物を積んでいると前が見えなくなるため、運搬中はバックでの走行が基本です。

安全を守るためにも、意識して操作してください。

・操作練習を繰り返す

リーチリフトを乗りこなすには、練習を繰り返して操作に慣れることが上達の近道です。

経験を積み、リーチリフトの上級者を目指しましょう。

■フォークリフトの操作に関する用語

フォークリフト2台

覚えておくと、フォークリフトの操作に役立つ用語をご紹介いたします。

・すえ切り

フォークリフトを停車させたままハンドルを回してタイヤを動かす操作

・上昇

フォークを上げる操作

・下降

フォークを下げる操作

・前傾

マストを前方へ傾ける動作、またはフォークを下向きに傾ける操作

・後傾

マストを後方へ傾ける動作、またはフォークを上向きに傾ける操作

・伸縮

フォークまたはマストを繰り込む操作

・伸張

フォークまたはマストを繰り出す操作

・ピックアップ

フォークで荷物を取り上げる一連の操作

・荷置き

ピックアップした荷物を置くまでの操作

・積付け

所定の場所に荷物が均一に揃うよう積み上げる操作

・取降ろし

積み上げた荷物を取り下ろす操作

・差込み

パレットにフォークを差し込む操作

・引抜き

パレットに差し込んだフォークを抜く操作

・インチング

フォークリフトを小刻みに振動させて、所定の位置に合わせる操作

・走行

フォークリフトを走らせる操作

・ローテート

フォークやアタッチメントを水平に回転させる操作

・サイドシフト

フォークやアタッチメントを左右に移動させる操作

・ピボット回転

フォークリフトを軸回転させる操作

リーチリフトは多くの現場で活躍しており、非常に頼もしい存在です。しかし操作方法を誤れば大きな事故を起こすこともあります。

操作を上達させるには乗り慣れることと、慣れてからも油断せずに丁寧な運転を心がけることが大切です。