【ユンボの免許を取得する方法】試験の内容や難易度は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ユンボをご存知ですか?ユンボは土を掘り起こす際によく用いられるショベルカーのことですが、土木業界だけでなく解体業や造園業、産業廃棄物処理など様々な業種で重宝されています。ユンボの免許を持っておくだけで、多くの業種に対応できるので、この先ドライバーとして活躍したいという方は持っておいて損はないでしょう。今回はユンボの免許取得について一通り解説していきます。

 

■ユンボの免許について


様々な現場で活躍するユンボですが、運転免許だけでは仕事で扱うことができません。ユンボを操作するには運転免許に加え、資格も必要なんです。まずは、必要となる免許と資格の内容、取得の仕方をお伝えしていきます。

・必要な免許・資格

まず、ユンボを公道で運転するために必要になるのが、自動車免許です。

どの自動車免許が必要になるかは、運転するユンボの重量で異なります。

普通自動車免許は「車両総重量3.5t未満まで」、準中型自動車免許は「車両総重量3.5t以上7.5t未満まで」、中型自動車免許は「車両総重量7.5t以上11t未満まで」、大型自動車免許は、「車両総重量11t以上」のユンボを運転することができます。

 

次に資格ですがこちらは2種類あり、扱うユンボの重量で必要な資格が異なってきます。

「車両系建設機械運転技能講習」は、重量が3t以上のユンボを操作することができる資格です。

もう一つの「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」という資格は、重量が3t未満のユンボを扱うことができます。

・免許・資格の取り方

自動車免許の取り方は、普通の自動車免許の取り方と同じです。自動車学校で学科と技能の講習を受け、卒業検定合格後に運転免許センターで学科試験を受験し、合格すれば晴れて免許証が交付されます。

 

「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」の取得方法は、学科と技能の講習を受ければ修了証が交付されます。特に試験はありません。学科講習は7時間、技能講習は6時間程度です。

「車両系建設機械運転技能講習」の場合は、講習を受講した後、終了試験に合格すると資格を得ることができます。こちらの学科講習は13時間、技能講習は25時間となっています。

・必要な費用

3t未満のユンボを操作したい場合、資格取得にかかる費用は1万7千円程度で、その内訳は、受講料1万5千円、テキスト代2千円となっています。

 

3t以上のユンボを操作するのに必要な資格では、さらに費用はかかります。

何も資格や免許を持っていない状態で取得しようと思うと、通常10万5千円程度必要となります。

しかし、他に免許や資格を持っていると、一部の講習内容と費用が免除されるのです。

大型特殊自動車免許を取得している場合や、「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」を修了し、その資格に関わる業務を3ヶ月以上経験している場合は、4万4千円程度となります。

■試験内容・難易度


3t以上のユンボを操作する必要がある場合、講習を受講後に試験を受ける必要があります。

高い金額を払って講習を受けたのに、試験に落ちてしまった!なんてことは絶対に避けたいものです。準備のために試験の内容や難易度についてお伝えします。

・出題される問題

基本的には講習で習う範囲から出題されます。講師が覚えておくべきポイントをしっかり教えてくれるので、あまり心配する必要はありません。

技能では、採掘作業が試験内容となります。注意すべきポイントは、何か動作を行う前に安全確認がしっかりできているかというところ。安全確認を怠ると、技能試験では不合格となってしまいます。

初心者だからといって焦る必要はありません。時間がかかるのは問題ではないので、ゆっくり落ち着いて確実な操作を心がけましょう。

・学習法のコツ

試験に出題されるポイントは講師がしっかり教えてくれるので、蛍光ペンなどでチェックしていきましょう。テキストはボリュームがあり、隅々まで覚えるのは非効率的です。チェックした部分を重点的に覚えて、効率よく学習していくことをおすすめします。

・合格率

難易度は決して高くなく、合格率はほぼ100%と言われています。

試験の目的は、講習の内容がしっかり理解されているかと、安全運転の意識が身についているかの確認です。講習を真面目に受けて、安全で確実な運転ができるようになれば、落ちることはないでしょう。

■ユンボの免許取得ができる教習所


ユンボの講習は、ユンボメーカーが運営する専門の教習所で受講することになります。場所は全国各地にあり、住まいとは関係なく受けに行くことが可能です。

助成金を受けられるケースもあるので、概要をお伝えしますね。

・建設労働者確保育成助成金制度とは?

この制度は、一部の受講費用が助成されるというもので、建設事業主や建設業に関わる事業団体で働く従業員の技能向上と雇用改善を図るためのものです。

従業員に技能講習や安全衛生教育などを受講させた場合、事業主に助成金が支払われます。

助成金には、経費助成(受講料の75~80%)と賃金助成(平均賃金日額(上限7000~8000円)×受講日数分)といった種類があります。年齢や事業所の規模によって金額が異なるので、教習所に問い合わせてみて下さい。

・応募方法

講習の予約は、ネットや電話で簡単に行えます。申込書などの書類を作成し提出したら、受講料を支払って予約は完了です。教習所から届くお知らせに従って、必要な持ち物の準備や宿泊の手続きをしていきましょう。

 

 

ユンボは色んな現場で活用できるので、資格を持っているととても重宝されます。

自分の活躍の場を広げるために、資格の取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。