どんな免許が必要?重機オペレーターに必要な免許とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

重機には色々な種類があります。重機を動かす人を「重機オペレーター」といい、稼働させるためには専用の免許や資格が必要です。今回は重機オペレーターの仕事内容や、活躍の場所、重機オペレーターに必要な免許の種類についてご案内いたします。

 

 

■重機を扱う「重機オペレーター」とは

最初に重機オペレーターというお仕事についてご説明させていただきます。重機オペレーターに興味のある方はこちらでどのように活躍ができるのか、想像してみてくださいね。

 

・重機オペレーターの仕事内容

重機は土木や建築工事など様々な現場で使用されており、重機オペレーターはその動力機を扱うスペシャリストです。一口に重機といっても、フォークリフトのような小さめなサイズのものをはじめ、クレーン車やブルドーザーのような大型のものなども存在します。大きさや種類が多種多様なため、安全に扱うためには専門的な知識や技術、免許が必要になります。

 

・どんな活躍をする?

重機オペレーターは担当する重機の種類によって仕事内容が変わります。たとえば工事現場で活躍するショベルカーや、工場で活躍するフォークリフトなど、活躍は多岐に渡り、操作する重機ごとに必要になる免許が異なります。そのため、自分が活躍したい現場や扱いたい重機によって免許を取得する必要があります。

 

・重機オペレーターの雇用形態

雇用形態も様々な種類があります。企業や工場の専属として働く場合は、ひとつの拠点で同じ業務を担当することになります。

一方工事や建築の現場に派遣される場合は、現場によって工期や給与が変動します。短い工期を担当する場合は数日や1週間程度で終わることもありますが、大規模な現場に派遣されると数年単位で担当することもあります。雇用形態が派遣の場合は現場での対応や業務内容に対して柔軟に対応することを求められます。

 

 

■重機オペレーターになるには

 

次に重機オペレーターに必要な免許についてご紹介します。自分が必要な免許がどれになるのか、ここで確認してみてくださいね。

 

・免許の種類

建設機械の操作や運転には「建設機械施工技士」、「建設機械整備技能士」の免許が必要です。重機には最大荷重や吊上げ荷重などによって必要な講習が細かく設定されています。

重機操作の資格が欲しいのであれば「運転技能講習」を受けるようにしましょう。この講習の修了者は操作できる重機の幅が広がるので、受講すれば幅広い現場で活躍することができます。

 

・資格の種類

重機の資格は非常に種類が豊富です。ここでは代表的な資格についてご紹介します。

 

  • フォークリフトの免許…重機免許の中でも比較的簡単に取得することができるのがフォークリフトの免許です。正確には「フォークリフト運転技能者」という国家資格になります。最大荷重1トン以上のフォークリフトの操作が可能で、工場や港、工事現場といった様々な場所で荷物の移動をさせる仕事ができるようになります。

 

  • 車両系建設機械の免許…トラックやブルドーザーといった工事現場で使われる大型車両を操作するには「車両系建設機械」という免許の取得が必要になります。

 

  • 移動式クレーンの免許…クレーン車は車両の大きさ・種類によって受けなければならない講習が細かく分けられています。代表的な講習は「小型移動式クレーン運転技能講習」や「床上操作式クレーン運転技能講習」、「玉掛け技能講習」などがあります。

 

  • 高所作業車の免許…ビルやマンションで高所の作業をするには「垂直昇降型高所作業車」の講習を受ける必要があります。クレーン免許を取得している場合は講習時間が短くなります。

 

 

■免許取得のための費用と期間

最後に免許の取得に必要な費用と期間についてご紹介します。

 

・費用

必要な費用は日数によって変わります。日数は2パターンあり、2日間の場合は36000~45000円、6日間の場合だと85000~96000円かかります。

次の項目ではなぜ日数が異なっているのかについてご紹介します。

 

・期間

日数が2日間と6日間に分かれている理由は「大型特殊車両自動車免許を持っているか」という基準で必要な講習の数が変わるからです。大型特殊車両自動車免許を持っていない場合が6日間、持っている場合は2日間となります。時間と費用を短縮したいのであれば事前に大型特殊車両自動車免許を取得するようにしておきましょう。

 

 

重機オペレーターは工事現場や工場など、必要とされている場所が多くあります。企業によっては免許を持っていない未経験者でも、免許の取得を補助してくれるところがあり、未経験者だから…と諦めるのは非常に勿体ないことです。

重機オペレーターは学歴や年齢ではなく、技術で評価されるお仕事ですのでぜひ前向きにチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。