ダンプは買取してもらうべき?買取と下取りのメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不要になったダンプ、どうしていますか?

もしかしたら予備としてそのまま保管をしている方もおられるかもしれませんね。

使わないダンプは本当に置いておいた方がよいのでしょうか?

今回は使わなくなったダンプは買取をしてもらう方がいいのかということを、一緒に考えていきましょう。

 

 

 

■使わないダンプも維持費は発生!?

 

使わなくなったダンプにも維持費がかかります。

 

・ダンプの維持費について

ダンプを所有しているだけで自動車税や車検費用が必要になります。

 

4トンダンプを所有している場合を例に、1年間の維持費をみると次のとおりになります。

 

自動車税/15,000円

重量税/10,400円

自賠責保険料/49,000円

車検費用/56,000円

合計/130,400円

 

自家用として所有すると、さらに高額な維持費が必要になります。

高額な費用をかけて所有し続ける価値があるのかをしっかり判断しましょう。

 

・どうしても売りたくない場合は一次登録抹消もあり

維持費は抑えたいけれど、手放したくない…そんなときは『一次登録抹消手続き』を選んでみましょう。

 

名前の通り、一時的に登録抹消をすることで車検、保険、税金が不要になります。

ただし一次登録抹消を行うと、再び登録手続きをするまで公道を走れなくなりますのでご注意ください。

 

 

■買取と下取り、どっちがお得?

 

ダンプの買取と下取りでお悩みの方に向けて、それぞれのメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

・下取りのメリットとデメリット

ディーラーに下取りしてもらうメリットは、古いダンプの売却と新しいダンプの購入を同時に進めることができ、手続きの手間が省けるという点です。

 

下取りとは、「うちで新しい車を購入してもらえれば、下取り査定額分を車両価格から差し引きます」という意味ですが、実際の見積書には査定額が記載されることはありません。

 

つまり見積書を見ても本当に割引されているかどうかが分かりにくいため、信頼のおけるディーラーに依頼することが重要です。

 

・買取のメリットとデメリット

買取専門店にトラックやダンプなど特殊車輌の査定を依頼すると、豊富な知識で適正な査定額を出してもらえます。

 

インターネットを使えば複数の業者からオンラインで一括見積をとることもできるので、業者を探す手間が省けるといったメリットもあります。

 

買取専門店にも悪質な業者がいるので、ホームページなどで取引実績を確認するなど見極めが必要です。

 

 

■買取査定額を上げるには?

 

ダンプの買取査定額を上げるにはこれから紹介する3つのポイントに気をつけてくださいね。

 

・こまめなメンテナンス

日頃からこまめにメンテナンスを行うことが何よりも大切です。

ダンプを大切に扱っていたことが伝わり、プラス査定してもらえるかもしれません。

 

・重要パーツの状態は重要!

エンジンなどの重要パーツは、査定時にチェックが厳しく点検項目も多い箇所です。

経年劣化によって摩耗している場合や、走行距離が長いと、その分パーツの劣化が激しくなっています。

一見コストがかかるように見えますが、定期的に乗り換えるほうが、安全かつ安定的に高額査定を狙うことに繋がります。

 

・査定前に修理をしても無駄!?

査定前に修理をした方が高額査定になるのでは?と考える方もおられるかと思います。

ですが修理したからといって査定がプラスに傾くかどうかは分かりません。

 

状況によっては修理に出さずそのまま不具合の状態を素直に話した方がよくこともあります。

 

いずれにせよ、普段からダンプを大切に扱うというのが高額査定への近道です。

大切なダンプの買取を依頼するなら、是非キントラにご連絡ください。

甲子園球場よりも広いショールームがあり、非常に豊富な種類のダンプを扱っております。不安やお悩みをお持ちの方も、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。