トラックのファンベルトは交換しなくてもいい?【ファンベルトの交換について】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ファンベルトはトラックを動かすための大切な部品です。車によってファンベルトを搭載している数は異なりますが、どれも大切ですので必ずメンテナンスで正常な状態を保つようにしましょう。

今回はファンベルトの交換についてご紹介いたします。

■ファンベルトとは

まずはファンベルトがどのようなものか、ご紹介します。

・ファンベルトとは

ファンベルトはゴム製のベルトであり、かつては断面がV字に見えたことから「Vベルト」と呼ばれることもあります。役割としてはラジエーターを冷ますファンを動かすために使われています。現在は電動ファンが搭載されているトラックもありますが、いまだにファンベルトは多くのトラックに使われています。

 

・電動ファンがついている場合も交換は必要?

現在のトラックは電動ファンが普及していますが、使用されているベルトをファンベルトと呼ぶことがあります。しかし、電動ファンは従来のファンベルトを使わない駆動なのでファンベルトそのものが使われているというわけではありません。よって、電動ファンは名前がファンベルトと呼ばれているだけで、ファンベルトは存在せず、交換の必要もないということになります。

 

・ファンベルトが切れるとどうなる?

ファンベルトが切れてしまっても、すぐにエンジンが停止するわけではありません。ただし走行を続けると、動かなくなるので速やかに対処が必要です。

ファンベルトが切れるとウォーターポンプが停止してエンジンがオーバーヒートを起こします。オーバーヒートはトラックが動かなくなる原因にもつながります。

また、オルタネーターが停止するので発電もできなくなります。電力の供給がなくなるとトラックは走行不能になります。

ほかにもパワーステアリングポンプの停止によってハンドルが重くなり運転が難しくなる、エアコンが使えなくなるなどの問題もあります。

ファンベルトが切れた状態でトラックを運転することは避けましょう。

 

・ファンベルトが切れる原因は?

ファンベルトが切れる原因のほとんどは劣化です。ゴム製のため、長年使用していると弾力性が失われてひび割れ、縦に裂けるといった症状が現れます。特に裂けている状態はすぐにファンベルトを交換するようにしましょう。

また、ファンベルトを張りすぎると切れることがあります。起こる頻度は非常に少ないですが、交換して間もないファンベルトが切れた場合は張りすぎを疑ってみましょう。

 

■ファンベルトの交換について

 

走行中に急にファンベルトが切れることがないよう、日頃からファンベルトの確認を行いましょう。こちらでは、ファンベルトの交換についてご紹介します。

・ファンベルトの交換時期

ファンベルトの交換時期は走行距離が4万~5万kmが目安です。しかし、中には5万km走行してもファンベルトの劣化が見当たらないこともあるでしょう。早めに交換しておくことでトラブルを避けることができますが、距離以外にベルト鳴きで交換時期を判断する方法もあります。

もしエンジンをかけたときや、ハンドルを操作した際に「キュルキュル」という音が鳴ったら、ファンベルトとベルトがかかっている金属(プーリー)がかみ合っていない可能性があります。ベルトの溝が浅くなるとかみ合いにくくなるので、ベルト鳴きがあれば交換した方が良いでしょう。

 

・ファンベルトの交換費用

 

ファンベルトの交換にはファンベルトの本体価格と工賃が必要です。トラックの場合、ファンベルトは6,000円程度が相場とされており、工賃も同じくらいかかります。

そのため、合計でおよそ1万2,000円が必要になります。

 

・中古トラックなら買い替えの方が安くなる!?

ファンベルトが切れたことでエンジンにダメージがある場合、エンジンの交換が必要になることもあります。大型トラックのエンジンは交換に100万円以上かかることも珍しくないので、場合によっては中古トラックに乗り換える方がコストを抑えることができるかもしれません。

大切なトラックに長く乗るためには、ファンベルトの確認を日頃から行うようにしましょう。事故に気を付けるだけでなく、細かな確認が安全運転には欠かせませんよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。