フォークリフトの免許で活躍の場を広げよう!免許取得の仕方総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

物流倉庫など様々な場で必要となるフォークリフトですが、運転するには資格と免許が必要となります。そして運転するフォークリフトによって取得するべき免許が変わります。今回はフォークリフト免許の取得方法についてまとめました。フォークリフトの免許を取って、活躍できる場を広げましょう!

■フォークリフト免許取得のメリット

物流倉庫や工場など多くの作業現場で活用されるフォークリフトは、運転するために国家資格を必要とします。この資格を取得すればたくさんの現場で活躍することができます。

・倉庫や工場で活躍できる
フォークリフトの免許は、取得すれば仕事の幅が広がります。フォークリフトは、物流倉庫での製品の運搬、自動車工場など製造工場での部品の運搬、建築現場で加工木材の運搬など、様々な工場や倉庫で利用されています。人の力では運ぶことができない多くの貨物を早く運べるフォークリフトを運転できる人は、それぞれの現場で必要とされる人材です。

・資格を履歴書に書いた方が有利
フォークリフトの資格を履歴書に書くか迷われる方がいますが、フォークリフトは実に多くの現場で活用されているので、特に物流倉庫などの職に就きたい場合は、履歴書に書いた方が有利です。
履歴書に資格を記載する場合は、「フォークリフト運転技能講習 終了」などと記載しましょう。また、運転できるフォークリフトの最大積載荷重まで記載しておく方が良いでしょう。

■フォークリフトの免許について

フォークリフトの免許の取得方法についてまとめていきます。

・フォークリフト免許は2種類ある
まずフォークリフトの最大積載荷重が1トン未満か1トン以上か、によって必要となる免許が異なります。
最大積載荷重1トン未満・・・フォークリフトの運転業務に係る特別教育
こちらは講習を受けると、「特別教育修了証」が発行されます。

最大積載荷重1トン以上・・・フォークリフト運転技能講習
こちらは技能講習を受講後、試験を受ける必要があります。合格すれば「運転技能講習修了証」が発行されます。こちらの修了証は、フォークリフト運転時に常に携帯する義務が課せられます。

・受験資格と受験場所
講習や試験の受験資格ですが、どちらもの免許も18歳以上であれば受けることが可能です。

最大積載荷重1トン未満の場合の特別教育は、フォークリフトのメーカーなど各事業者や、一般社団法人が行っています。
最大積載荷重1トン以上の場合の運転技能講習は、各都道府県労働局に登録されている教習機関・教習所で受けられます。

・免許取得にかかる費用
最大積載荷重1トン未満の場合の特別教育にかかる費用はテキストの料金等を合わせて、1万5千円程度です。
最大積載荷重1トン以上の場合の運転技能講習では、すでに取得している免許によってかかる費用が変わってきます。

特に免許を所持していない場合・・・4万5千円程度
自動車免許、大型特殊自動車(限定)免許所持者・・・4万円程度
大型特殊自動車免許(限定除く)、自動車免許又は大型特殊自動車(限定)免許所持者で、フォークリフトの特別教育受講後3ヶ月以上運転を経験している者・・・1万5千円程度
(この場合、3ヶ月以上運転経験があることを事業主により証明できるもの、特定自主検査記録表、特別教育修了証のコピーが必要となります)

■免許取得の流れ

・手続きと必要書類
特別教育、技能講習を行っている事業所や教育機関を、住んでいる都道府県のWebサイトで確認し、申し込みを行います。最近ではWebサイトから申し込みができる機関が多くなってきています。
技能講習に必要なものは、申込用紙、証明写真、運転免許証などの本人を確認できるもの、印鑑、受講料です。

・受講内容
最大積載荷重1トン未満の特別教育では、実技と学科をそれぞれ6時間受講します。
最大積載荷重1トン以上の運転技能講習は、自動車免許の有無で講習時間が変わります。
・自動車免許を所持していない場合
学科11時間、技能講習24時間(計35時間)
・自動車免許を所持している場合
学科7時間、実技講習24時間(計31時間)

<学科の主な内容>
・荷重
・荷役装置
・安全係数、検査
・油圧装置、付属装置
・質量、重量
・力学
・関係法令

<実技講習の主な内容>
・点検
・乗車、発進
・周回走行

・助成金が支給される場合がある
教育訓練給付制度を利用できれば、免許の取得にかかる費用を抑えることができます。
助成金は給付金として、教育機関に支払った料金の20%がハローワークから支給されます。
以下がその対象者となります。
・在職中
受講開始日の段階で雇用保険の被保険者期間が3年以上経過している。
(ただし、初めて受講する場合は1年以上)
・離職中
受講開始日の段階で離職日から1年以内、かつ雇用されていた期間が3年以上の者。
(ただし、初めて受講する場合は1年以上)

ハローワークで受給できるかどうかを確認し、受給資格がある場合は講習の申込書の給付金制度利用にチェックしましょう。受講終了後、1ヶ月以内にハローワークへ申請を行います。
必要となる書類は、教育訓練終了証明書、教育訓練給付金支給申請書、領収書、雇用保険被保険者証、本人・住所が確認できる書類です。

■まとめ

今回はフォークリフト免許に関する知識をまとめました。
資格取得の費用を会社が負担してくれる場合もあります。フォークリフトの資格に興味がある方は、会社もしくは求人先へ確認してみるのもいいですね。活躍の場を広げ、転職や収入のアップを叶えましょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。