不要なトラックを買取してほしい!高額査定のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買い替えなどで不要になったトラックを買い取ってもらうなら、やはり少しでも高い方が良いですよね。そうすれば新しいトラックを買う費用も減るかもしれません。今回はトラックを買い取って欲しい方向けに、高額査定のコツと、売却時に必要になる書類を説明いたします。

 

 

■どこが買い取ってくれる?

不要になった乗用車の買取であればディーラーに査定を依頼することも多いと思います。しかし、トラックの場合はどうでしょうか?

 

・ディーラーはトラックの買取に不向き

トラックの売却にディーラーを利用しようと考える方はいると思います。しかしディーラーは本来、中古車を買い取ることを専門としているわけではありません。ディーラーは中古車を販売することが主な業務です。

しかも乗用車であれば買取ガイドラインがありますが、トラックにはありません。

そのため、査定をしても通常の車を買い取っているディーラーでは適正な価格をつけてもらえません。

 

・売却はトラック専門の買取業者へ

トラック専門の業者に査定依頼をすると、トラックに詳しいスタッフが査定をしてくれるので適正な価格を提示してもらうことが出来ます。トラックが不動車であっても再利用できるパーツなどに価値があるため、一般的な乗用車を買い取っている業者では値段がつけられない場合でも、トラック専門の業者ではパーツ利用を目的に買い取られることがあります。これは理由として中古トラックの需要は海外では非常に高いためというのが大きいのですが、時期によってトラックの種類によっては需要が変動します。

 

■気を付けたいポイント

 

 

中古トラックの買取にはトラック専門の業者が良いという事は分かりましたが、買取の依頼をする前に注意すべき点があります。

 

・複数の業者に査定を出そう

最近では口コミの投稿数が増え、どのような業者が信頼できるのかをある程度知ることができるようになりました。信頼できそうな複数の業者に査定を依頼し、自分に合いそうな業者を見つけましょう。

いちいち自分でいくつも業者を探して依頼するのが面倒…と感じる方は、電話やインターネットから一括査定をしてくれるサービスを利用するのがおすすめですよ!

 

・相場は調べておこう

前述で中古トラックの種類によって需要が変動するという話をしましたが、明確な時期が決まっている訳ではありません。そのため、まずは自分でトラックの買取相場を知っておくことが重要になります。相場を知っておけば、値段交渉に有利になります。

 

・即決は注意

もっとも査定額が高かった業者に売ろう!と思っている方は少し待ってください。一番高価な価格を提示してきた業者の買取価格を基準にして他の業者に値段交渉をすると、場合によっては更に買取額を上げてもらうことができます!業者間の闘争意識を刺激するように交渉を持ちかけると上手くいくことが多いようです。

決して即決するのではなく、他の業者に交渉してみましょう。

 

■査定額をあげるコツ

 

査定額をあげるにはどのようなコツが必要なのか。ご紹介いたします。

 

・純正品の準備

純正品が揃っているというのは非常に強みになる要素です。もし他のメーカーの部品に交換していても、純正品の部品を捨てずに取ってあるならトラックと一緒に持っていきましょう。

 

・オプション製品のアピール

オプション製品を付けている場合も、買取の強みになります。オプション製品を搭載している場合は決して漏れがないように情報をまとめて、アピールしましょう。

 

・整備記録や保証書を揃える

これらの書類がなければトラックを買い取ってもらえません。以前のオーナーがどのような整備を行っていたのかなどをチェックするために、購入希望者は必ずこの二つの書類を確認しますので、必ず揃えておきましょう。

 

・なるべく外装を綺麗にする

トラックの外装や内装を綺麗にすることは効果的です。

しかし外装の汚れを無理に落とそうとすると、傷をつけることに繋がりかねません。自分で清掃する場合は車体に影響が及ばない程度に、柔らかいクロスで全体を拭いて小さな汚れを落とす程度にしておきましょう。

 

余裕があれば洗車をするのもおすすめです。トラックの査定にはフレームの状態が含まれていて、泥などでひどく汚れていると、サビがついていると勘違いされてしまうこともあります。トラック全体の洗車が難しい場合でも、トラックの下回りはできるだけ洗浄をしておきましょう。

 

・車内を消臭

臭いは視覚で捉えることのできない汚れです。トラック内で喫煙をしていた場合は内装にヤニによる汚れや臭いが染みついていることが多くあります。特にタバコの臭いは残りやすいので、普段から消臭スプレーを使用したり、喫煙をする時は窓を開けるなど工夫しましょう。

 

他にも長距離を走っていたトラックであれば、ドライバーの汗などがシートに付着して臭いの原因になったり、食事をとった際の臭いが残っていたりします。このような臭いも査定に影響します。

 

臭いは非常に厄介な存在で、査定の間際になってから慌てて消臭スプレーなどを使っても簡単に消すことはできません。臭いに関しては日頃からマメに対策をすることが必要になります。

 

これから中古トラックの買取を依頼する予定がある方は、一度車内の臭いを確認してみてください。

 

 

中古トラックを含む中古車は海外で非常に需要があります。よって不動車であっても海外への売却ルートを持っている業者であれば、部品のみでも売ることが可能です。古いトラックであっても日本製のトラックは海外での信頼が厚いので、使わないトラックを持っている方は是非一度売却を考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。