重機は需要が高い?人気の重機メーカーや買取手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大型重機をお持ちの方はいらっしゃいませんか?もしかしたらあなたが今お持ちの重機はとても大きな価値があるものかもしれません。買取をご検討の方のために知って得する情報をまとめました。

■重機の買取事情

今あなたがお持ちの重機、「古すぎる」「動かない」といった理由で買い取ってもらえないんじゃ…とお悩みではありませんか?

しかし、安心してください。重機の需要は国内外ともに非常に高く、どんな状態の重機でも買い手はつきます。まずは、重機の買取事情からお話ししましょう。

・近年は深刻な重機不足

2020年には東京オリンピックが開催されますが、そのインフラ整備のための建設ラッシュと、度重なる災害の復興事業により、2019年現在は重機不足が深刻化しています。重機メーカーへ殺到する受注に対し、供給が追い付いていない状態なので、重機を高価買取してもらいたいなら、今が狙い目といえるでしょう。

・新型の重機は国内向け

稼働時間が少なく、比較的新しい中古の重機は国内でよく売れるため、価値が高く、高額取引の対象となります。しかし、東京オリンピックが終われば、国内での重機の需要は減少するでしょう。

・旧式重機は海外向け

海外の発展途上国、中東やアフリカ、東南アジアなどで使われている重機のほとんどは日本製の中古品です。日本製の重機は性能・燃費・耐久性に優れるため非常に人気が高く、日本では売れないような旧式、過走行、廃車寸前のものであっても海外では重宝され、積極的に輸入されています。

どんな状態のものでも業者が買取に応じるのは、海外への販売を見越しているからなのです。

 

■人気の重機メーカー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人気が高いメーカーは、品質・安全性の高さが保証されており、査定価格も高くなります。

高額買取が期待できる人気のブランドメーカーをご紹介します。

・キャタピラー社

キャタピラー社はアメリカの最大手重機メーカーで、世界でNo.1のシェアを誇ります。

キャタピラー社の重機は作業性能が優れており、エンジン性能も極めて高く、国産に引けを取らない品質です。国内外ともに需要は高く、買取価格も高値で安定しており、他ブランドよりも30万円以上の値段がつくこともあります。

・コマツ

世界シェアNo.2を誇る日本最大手メーカーのコマツは、どのカテゴリーの重機でも高品質を保っており、信頼性が高いメーカーです。日本国内はもちろん、欧米、アフリカ、アジア諸国でも中古需要は高く、高額取引が見込めます。

・クボタ

老舗の国内メーカー・クボタも高額取引の対象となります。

ミニショベルや油圧ショベルなどの建設重機以外にも、トラクター、田植え機といった農業機械の評判も高いのが特徴です。安定した品質と、汎用性の高さから、長年愛される人気ブランドメーカーです。

・日立建機

世界シェアNo.3の日立建機も日本、海外ともに人気があり、特に大型の油圧ショベルは高評価を得ています。

また、製品ラインナップも多く、アフターサービスが充実していることから、日立建機の重機を揃えているという企業は多くあります。

日立建機の大型油圧ショベルは驚くような値段がつくこともありますよ。

 

■高価買取の際の手順


重機の買取価格は業者によって様々です。それは、「安定した相場が確立していないこと」、「業者がもつ流通ルートに差があること」が理由に挙げられます。では、より高く売る為にはどうしたらいいのでしょうか?

最後に、重機を高額で買取してもらうための手順をお伝えしますね。

・信頼できる業者を見つける

信頼できる業者をどのように選ぶかがポイントとなります。慢性的な重機不足から、買取業者は年々増えており、それに伴って悪質な業者も増えています。

選ぶべきは、長年会社を運営しており、信頼されている優良な業者です。Webサイトなどで実績を確認し、口コミなども参考にして業者を選んでくださいね。

・相見積を行う

とても重要なのが、相見積もりを取ることです。買取業者も様々で、海外に販路を持ち輸出に強い業者もあれば、国内のみの展開をしている業者もあります。

国内と国外では求められる重機が違うので、業者によってはつける値段に大きな差が出てしまうことになります。複数の見積もりがあれば、相場も把握しやすくなるので、悪徳業者を見分けるのにも役立ちます。必ず複数の業者に見積もりを依頼し、価格を比べるようにしましょう。

・交渉を行う

価格に大きな差が出なかった場合、業者へ連絡して値上げの交渉を行うことも、高額買取の秘訣です。

値段を上げてまで買いたいと思わない業者もあれば、在庫として確保しておきたいと考える業者もあるので、値上げ交渉で査定額アップにつながる可能性もあります。

値段が拮抗している場合は、業者へ他社の見積もり額を報告してみるのもおすすめです。

 

 

いかがでしたか?

重機の需要が高まっている今、不要となった車両の買取を検討してみてはいかがでしょうか?重機は思いもよらない値段がつく可能性を秘めています。

重機の処分にお困りの方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。