ユニック

ユニック車の過巻き防止装置は故障しやすい?気をつけるべきこととは

ユニック車の安全性を高めるために必要不可欠な過巻き防止装置ですが、誤作動や故障が多いとも言われています。安全にユニック車を使うためにも、適切な扱い方を覚えておきましょう。
今回はユニック車の過巻き防止装置についてご紹介いたします。

 

■過巻き防止装置とは

 

ユニックのワイヤーロープに関するトラブルが起きないために付けられている安全装置が過巻き防止装置です。他には巻き過ぎ防止装置と呼ばれることもあります。
ワイヤーロープの巻き取りドラムに連動して回転数から状況を把握するタイプ(間接式)と、ブームの先端に重りを下げて、フックが重りと触れることで過剰に巻き過ぎたことを把握するタイプ(直働式)があります。直働式は巻き下げ位置の制限ができない点に注意が必要です。

 

■過巻き防止装置が故障するとどうなる?

もしユニックの過巻き防止装置が故障するとどうなるのでしょうか。こちらでご紹介いたします。

 

・荷物の落下

過巻き防止装置が故障していると、荷物を吊り下げた際にどの程度ワイヤーロープに余裕があるのかが把握できなくなります。
過巻き防止装置が正常に働いていると、巻き過ぎた際にユニックが停止しますが、働いていないと過巻き状態に陥り荷物の吊り下げが正しく行えなくなります。
反対に過戻しを行っても気が付かず、荷物を落下させてしまいかねません。

 

・ワイヤーロープの切断

荷物の落下に関係するのが、ワイヤーロープの切断です。過巻き状態になると、巻くワイヤーがないにも関わらず、ユニックがワイヤーを巻こうとします。するとワイヤーロープがどんどん無理な力で引っ張られてしまい、最終的に切断されてしまいます。
荷物を吊り下げている状態では、重大な事故につながりかねません。実際に過巻き防止装置が故障していたことにより、ワイヤーロープが切断されて大きな事故が起きた事例があります。

重大な事故を起こさないためにも、ユニックの過巻き防止装置が故障していないか徹底的に確認するようにしましょう。

 

■過巻き防止装置の故障を防ぐためには

過巻き防止装置の故障が非常に危険なことはおわかりいただけたと思いますが、装置の故障を防ぐには具体的にどうすればよいのでしょうか。
こちらでユニックの過巻き防止装置を故障しにくくする方法についてご紹介いたします。

 

・点検

日常的に行う検査では、何も負荷をかけない状態でユニックを操作します。過巻きと過戻しを行い、過巻き防止装置が正常に作動するかを確認しましょう。この点検はクレーン等安全規則第36条で始業前の点検として義務付けられています。
また、定期的に部品の交換を行うことも大切です。
交換時期は4年とされていますが、もし異常が見られた場合は交換時期がまだ先であっても必ず交換するようにしましょう。

 

・改造はしない

過巻き防止装置が作動すると作業が行いづらくなると感じても、改造することは避けましょう。
過巻き防止装置は安全な作業に必要だから設置されています。勝手に手を加えることは自分だけでなく、周囲の人間にも危険です。
また過巻き防止装置などの安全装置が、正常に機能しない状態での貸与は禁じられています。

 

・操作上の注意点

過巻き防止装置は安全装置なので、使用している際に、常に過巻き防止装置が作動するような状況にすることは避けてください。
過巻き防止装置は消耗品です。過剰な負担をかけ続けると故障や損耗につながりかねません。
過剰に負荷をかけ続けていると正常に作動しなくなり、万が一の時に対応できなくなってしまいます。

 

 

過巻き防止装置の故障があるにも関わらず、修理をせずにユニック車を使用したことで起きた事故があります。過巻き防止装置の状態確認はもちろん、自分や周囲の人が安全でいられるためにも、ユニック車の扱いは慎重に行いましょう。

 

ユニック車の修理で知っておきたい!故障しやすい場所と注意点

ユニック車は重たい荷物の移動などに使われるため、負担がかかり故障することがあります。もし故障したらどうすればよいのでしょうか。
今回はユニック車の修理についてご紹介いたします。もしもの時に備えて、ユニック車の修理について知っておきましょう。

 

■ユニック車で修理が必要になりやすい場所

まずはユニック車で修理が必要になりやすい場所を5点紹介いたします。

 

・ブーム

ブームが故障すると、クレーンとして使うことができなくなってしまいます。ブームを動かし、エンジンを停止させると上げたブームが勝手に下がってしまう故障もあります。また、ブームそのものに故障箇所がなくても、操作レバーなどが故障することで影響を及ぼすこともあります。

 

・アウトリガー

アウトリガーはクレーンを使っている際に、車両が傾かないように支える役割をします。アウトリガーは油圧で動く仕組みで、PTOによってエンジンの回転の力を油圧に変化させて動かします。クラッチをしっかり踏み込んでPTOスイッチを入れることで解消されることが多いですが、アウトリガーが動かない場合は、油圧装置の故障なども疑ってみてください。

 

・PTOのスイッチ

PTOが正常に動作しない場合は、PTOスイッチの故障、シャフトの故障、配線が切れているケースなどが考えられます。
ユニック車の場合、PTOは油圧を必要とするブームやアウトリガーなどさまざまな部位に作用します。PTOを入れたまま走行すると、走行中に大きな力が油圧装置にかかってしまい、故障の原因になります。走行中は忘れずPTOを切るようにしましょう。

 

・安全装置

安全装置には種類があり、ワイヤーの過巻き防止、未格納警報、高さ制限などに搭載されています。安全装置が故障すると意図しない時に作動して、作業の妨げや事故につながる危険性が高まります。ユニックを安全に使うには定期点検を行い、安全装置がきちんと作動するか確認しましょう。

 

・ラジコン装置

ラジコン装置はユニック車のクレーン操作に欠かせません。ラジコン装置の電波状況が悪いと、クレーンに正常な指示が出せなくなります。電波が悪いだけなら、ユニック車に近づくことで改善されることがあります。また、ラジコン装置は電池切れにも注意が必要です。
電波状況や電池に問題がないにもかかわらずラジコン装置が使えない場合は、ラジコン装置の故障またはクレーンの受信機が故障している可能性が考えられます。

 

■ユニック車に関する注意点

ユニック車の修理に関する注意点を4点ご紹介いたします。

 

・定期的なオイル交換

ユニック車は動作による負荷を軽減させるために給脂が必要です。故障を防ぐためにも可動部の給脂はこまめに行いましょう。
また、クレーンを作動させるにはギアオイルが必要です。ギアオイルはクレーンの使用によって汚れや劣化が発生します。ギアオイルの状態もこまめに確認し、定期的に交換するようにしてください。

 

・ワイヤーロープの交換

ワイヤーロープは消耗品なので、劣化が見られたらすぐに交換してください。交換目安は素線の10%以上が切れている、直径減少が7%以上、腐食やもつれ、曲がりなどが見られる状態です。

 

・点検の徹底

ユニック車の修理回数を減らすには点検が欠かせません。作業前点検、月次点検、年次点検は必須です。法令でも定められていることなので、徹底するよう心がけましょう。

 

・買い替えの方が安くなることがある

ユニック車はクレーンが故障しても平トラックとして使うことができますが、クレーンを搭載する場所がある分、同サイズの平トラックに比べて積載量が少なくなります。
できれば修理をして使うことをオススメしますが、修理内容によっては買い替えをした方がコストを抑えられることもあります。
中古のユニック車ならお得に買い替えができることもあるので、選択肢の一つとして入れて検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ユニック車はさまざまなシーンで活躍します。長く大切に乗るためにも必要な点検と修理をきちんと行いましょう。

ユニック車を扱うために必要な免許とは?

ユニック車

ユニック車

ユニック車を扱えると仕事の幅が広がりますが、無資格・無免許で運転することはできません。ユニック車の運転には必ず資格をとりましょう。

今回はユニック車の運転に必要な免許と資格についてご紹介したいと思います。

 

■ユニック車の運転で必要になる免許

 

ユニックの操作に必要な資格

ユニックは吊上げる荷物の重さによって必要な資格が異なります。取得方法も異なるので、3種類ある資格のうちどれが必要なのかを調べておきましょう。

 

【吊上げ荷重が0.5t以上1t未満】 小型移動式クレーン運転の業務に係る特別教育

【吊上げ荷重1t以上5t未満】 小型移動式クレーン運転技能講習

【吊上げ荷重5t以上】 移動式クレーンの運転免許(移動式クレーン運転士)

 

なお、5t以上で必要な移動式クレーン運転士の資格は国家資格です。合格率は実技試験60%、学科試験76%くらいとされていますので、非常に難しいというわけではないようです。

 

ユニック車の走行に必要な免許

ユニック車はクレーン付きトラックなので、操作に必要な資格だけでは公道を走ることができません。

 

【車両総重量5t未満、かつ最大積載量3t未満】 普通自動車免許

【車両総重量5t以上11t未満、かつ最大積載量6.5t未満】 中型自動車免許

【車両総重量11t以上、かつ最大積載量6.5t以上】 大型自動車免許

 

注意しておきたいことは、ユニック車をレンタルする場合、運転免許がなければレンタルできないということです。

 

■併せてとりたい免許

ユニック車

運転と操作の資格を取得しても、吊上げ荷重1t以上のクレーンに荷物をかけたり外したりするには「玉掛け技能講習」を受講しなくてはなりません。

運転と操作資格だけでは十分な作業がこなせない可能性がありますので、クレーンの資格を取得する際には玉掛け技能講習も受講することをおすすめします。

なお、1t以上の荷重は「玉掛け技能講習」、1t未満の荷重が「玉掛け特別教育」になります。

玉掛け技能講習は12時間の学科、7時間の実技講習があります。

■ユニック車の資格取得について

ユニック車

こちらではユニック車に必要となる資格や免許、それぞれの受講内容などをご紹介いたします。

 

移動式クレーン運転士

移動式クレーン運転士の資格を取得すれば、ほぼすべての移動式クレーンを運転することができます。実技と講義の講習があり、免許取得までにかかる時間は7~10日くらいになることが多いようです。試験にも学科試験と実技試験がありますが、教習所や学校に通っていると実技試験が免除になります。

 

<講習の時間と料金>

【学科講習のみ】約20時間、6万円

【実技講習のみ】約12時間、10万円

【実技と講習の両方】約30時間、13万円

 

小型移動式クレーン運転に関する特別講習

小型移動式クレーン運転講習は、吊上げ荷重0.5t以上1t未満の荷物を運搬するために必要な資格です。学科講習は9時間、実技試験は4時間程度かかります。早ければ2日で取得可能です。なお、小型移動式クレーン運転に関する特別講習も所有する資格や免許によっては一部講習が免除されることもあります。

 

小型移動式クレーン運転技能講習

吊上げ荷重1t以上5t未満のクレーン操作時に必要となります。講習では学科試験と実技試験の両方が必要です。なお、未経験者は約20時間の講習になりますが、現場経験かつ有資格者の場合は講習時間が一部免除されます。

 

<取得していると講習が一部免除される資格>

①クレーン運転免許

②玉掛け技能講習修了者

③床上操作式クレーン運転技能講習

 

20時間必要な場合でも最短3日で取得可能です。

※時間や料金は教習所、地域、学校によって異なるので、あくまでも目安です。詳しい情報は教習所などの公式ホームページなどから確認をとるようにしてください。

ユニック車は多様な業界で活躍しているので、資格があれば活躍の機会を増やすことができます。これを機に、免許を取得してキャリアアップに役立ててみてください。

 

ユニックの2大メーカーを徹底比較!古河ユニックVSタダノ

ユニック車

ユニック車

日本でトップクラスのシェア率を誇るユニック車のメーカー「古河ユニック」と「タダノ」。

どちらも高性能で非常に人気が高いですが、どのような違いがあるのでしょうか。古河ユニックとタダノのどちらを購入しようか迷っているという方のために、今回は古河ユニックとタダノの違いや特徴についてご紹介していきます。

 

■古河ユニックVSタダノ

 

古河ユニックとタダノは、国内のクレーンメーカーとして1、2を争う老舗メーカーです。

まずは性能などの違いについてご紹介します。

 

性能差

同じ価格帯で性能を比較すると、どちらもほとんど差がありません。性能についてはどちらを選んでも高品質といえます。

(「ユニック」は古河ユニックの登録商標であり、タダノ製品の正式名称は「カーゴクレーン」です。)

 

どちらを選ぶべき?

性能差がないので好みで選んでも問題ありません。

一般的には、「資格取得の際に使用したメーカーを選ぶ」という人が多いようです。理由は「操作に慣れているから」とのこと。また、会社や勤め先がどちらかのメーカーで統一していることもあります。

 

近年のトラックは省エネやエコロジー性を重視されるようになりました。

古河ユニックは省エネ性が高く、低燃費、クリーン性、防音技術などが高く、幅広いエコロジー性が特徴です。

一方、タダノはエコロジー特化の「Zest ECO」で「エコ・ウインチ」を実装しました。ウインチとポンプの二か所でエコ対策を行ったWエコは従来製品の23%以上もの低燃費を実現しました。

 

省エネ性はどちらも高いですが、シリーズによって特徴があるのでカタログなどで違いを比較してみることをおすすめします。

 

■古河ユニックとタダノの特徴

性能についてはほぼ互角の古河ユニックとタダノですが、もちろん細かい違いはあります。

こちらでは古河ユニックとタダノ、それぞれのメーカーの特徴のほか、これまでの実績などについてご紹介いたします。

 

古河ユニックの特徴

ユニック車

 

<外観>

古河ユニックの特徴としてよく挙げられるのが、クレーン部分の塗装が赤いことです。

また、ラジコンはブームとフックを別々に2本のスティックで操作するタイプと、ブームとフックを連動させて操作するジョイントスティックタイプの2種類があります。

 

<歴史や実績>

1961年(昭和36年)に日本で初めてのユニック車を開発したメーカーです。

1985年(昭和60年)に無線式ラジコンを導入し、2人必要だったクレーン作業を1人で操作できるとして脚光を集めました。

2007年(平成19年)には新型コントロールバルブとコンピューター制御システムを搭載した「U-can ECOシリーズ」ではトラック搭載型クレーンにエコをもたらし、経済産業省主催の省エネ大賞を受賞するほど高い評価を集めました。

 

なお、ユニックという名前は「UNIVERSAL CRANE(全ての人々にとってのクレーン)」と「UNICORN(額に角を持つ伝説の一角獣で形がユニックに似ている)」ことからイメージして作られた造語だそうです。

 

タダノの特徴

ユニック車

 

<外観>

古河ユニックとは対照的に、タダノのクレーンは青い色です。

タダノのラジコンはブームとフックを2本のスティックで別々に操作するタイプの1種類のみになっています。

 

<歴史や実績>

タダノは1955年(昭和30年)に日本で初めて油圧式トラッククレーンを開発した会社です。タダノはドイツやオーストラリアなど、国外にも複数の支社や関連会社を構えています。

1991年(平成3年)にイースター島にある、倒れたままになっているモアイ像15体の復元・修正を全額負担で行い、使用後のクレーンを寄贈しています。2019年には3台目のクレーン車を寄贈しており、そちらはインフラ整備や港で荷物の積み下ろしで活躍しています。

 

※基本的なカラーリングは古河ユニックが赤、タダノが青ですが、別の色をオーダーすることもできます。中古車では前オーナーが自分で塗装していることもあります。

古河ユニックもタダノも、どちらも素晴らしいクレーンを手掛けています。是非お気に入りのユニック車を選んでみてください。

 

ユニック車とは?その特徴と種類について

ユニック車

ユニック車

ユニック車は非常に便利なので需要が高い車です。しかしユニック車にも様々な種類があります。クレーン車との違いが分からないと思っている方もおられるのではないでしょうか?違いを知ることで、どのユニック車が最適なのかを選ぶことができるようになります。

今回はユニック車とはどのような車か、種類とともにご紹介いたします。

 

■ユニック車とは

まずはユニック車がどのような車かをご紹介いたします。

 

ユニックは正式な形状名ではない

「ユニック」という名称は、車の形状や種類を指すときに使われますが、正しい名前ではありません。「ユニック」とは、クレーン車とその部品を手掛ける古河ユニック株式会社という会社の登録商標です。古河ユニック株式会社が販売した車が日本で普及したことから、同じような形状の車がユニック車と呼ばれるようになりました。

ユニック車とは

ユニック車とは、運転席の後方にクレーンを搭載したトラックです。

日本で初めて国産車として開発されたクレーン車として、建築系や林業など様々な業界で使われるようになりました。

クレーンの竿部分は”ブーム”と呼び、必要に応じて長さが調整できる仕組みになっています。もっとも普及しているのは4段調整ができるタイプで、5段以上伸びるユニック車もあります。なお、クレーン荷重は2.63~2.93tまでが主流となっています。

 

■クレーン車との違いは?

ユニック車

ユニック車の正式名称は「搭載型トラッククレーン」です。

ユニック車とクレーン車は同じ種類の車であり、両方ともクレーン車だといえます。

ですが、クレーン車に搭載されているのはユニック車のものよりも大型のクレーンになっており、重くて大きな荷物の運搬に適しています。また、クレーン車は安定性の高さに優れており、水平で荷物を運ぶことができます。ブームもユニック車より長く伸び、360度回転するのでビルの建築現場など高所作業の現場で活躍しています。ですが、ブームの取り付け位置が高く、また吊り下げ方向が真下のみなので、ロードサービスなどには不向きです。

 

一般的にはクレーン車の規模を区別するために「ユニック車」「クレーン車」と使い分けられています。

 

■ユニック車の種類

ユニック車

 

ユニック車の種類を3つご紹介いたします。

 

キャブバック型

もっともポピュラーなユニック車がキャブバック型です。トラックの運転席(キャブ)と荷台の間にクレーンが架装されており、別名「クレーン付き」とも呼ばれています。

レッカーなどで使用されることが多く、JAFのロードサービスでも使われているタイプです。

 

ハイアウトリガー型

重い荷物を吊るす際に車の重さだけでは車体が傾き、転倒してしまう恐れがあります。車体の左右にアウトリガーと呼ばれる支えを出すことで転倒を防止することができます。

アウトリガー型はハイアウトリガーを含めて3種類あります。

 

①リアアウトリガー

車体の前方だけでなく、後方にもアウトリガーがあるタイプ。

 

②差し違いアウトリガー

「角足」とも呼ばれる。ジャッキの底が四角いタイプ。優れた安定性をもつ。

 

③ハイアウトリガー

アウトリガーが長く伸び、車体を高く持ち上げることができるタイプ。自走できない重機などの運搬に用いられる。

ハイアウトリガーは「ハイジャッキ」とも呼ばれています。トラックの前方が持ち上がり、荷台が斜めに傾きます。

 

荷台内架装型

トラックの荷台に小型クレーンが搭載されているタイプです。別名「簡易クレーン」とも呼ばれています。

他のタイプに比べてクレーンがかなりコンパクトなので、都市部などの狭い現場で活躍します。高さ制限がある場所でも使えるので重宝されています。

 

ユニック車には様々な種類があります。タイプによって得意な作業が異なるので、用途に合わせてユニック車を使い分けましょう。キャリアアップにもユニック車の運転免許は有効ですよ。