未分類

ユニック車は事故が多い!?操作の注意点とコツを覚えて安全に運転しよう!

重い資材を運搬し、クレーンでの作業が行える便利なユニック車ですが、実は事故が多いんです。ユニックを安全に運転するための注意点や操作のコツをまとめました。実際に起きている事故事例の原因と対策も載せているので、実際の現場で慌てないよう、この記事を参考にしてくださいね。

■ユニック車の操作の注意点

様々な現場で使用されるユニック車も、運転を一歩誤れば大きな事故につながります。まずはユニック車の操作上の注意点をみていきましょう。

・ユニックのアウトリガー
ユニック車のアウトリガーは、使用時に最大まで張り出しましょう。左右共に、最大まで張り出しておかないと、車体が安定せず転倒しやすくなります。
もし、アウトリガーを最大まで張り出せない時は、空車時定格総荷重表における最小張り出し時の性能で作業を行うようにしましょう。
空車時定格荷重表とは、荷台が空車の時に吊り上げられる最大の荷重を示した表です。アウトリガーが最小張り出しの時は、吊り上げられる最大荷重は少なくなります。安全に作業できる範囲をこの表で確認しながら作業を行いましょう。

・空車時の定格総荷重を確認
荷台から荷下ろしをしていくとユニック車の車体は軽くなり、徐々に不安定になっていきます。特にブームを前方へ旋回させる時に、不安定さが顕著になります。荷下ろしする際は十分に注意しましょう。
また、空車時定格総荷重表は、側方と後方で荷物を吊り下げることを想定した表です。前方で吊り下げる場合は、空車時定格総荷重表の25%以下の荷重までとなります。
荷物を吊り下げる方向によって、車体の安定度が大きく変わってきます。空車時定格総荷重に基づき、安全を担保した状態で作業しましょう。

・ブームの操作やしまい忘れ
ブームは最大まで伸ばすと、過荷重となり車体の転倒につながります。ブームは伸ばしすぎないよう定格荷重表を確認し、作業半径やブームの長さが適切になるよう操作しましょう。また、作業後にブームをしまい忘れないように注意してください。クレーンを操作するリモコンの電池が切れるとブームの操作ができなくなってしまうので、予備の電池を必ず用意しておきましょう。

■ユニック車の操作のコツ

操作のコツを意識して作業に臨むことで、安全に操作でき次第に技術が向上していきます。
是非参考にしてみてください。

・レバー操作はゆっくり行う
作動時の振動や、作動油の音を確認しながら、ゆっくりとレバーを操作します。安全を第一に考え、ブームの動きにスピードが出ないよう注意しましょう。

・フックを目線の高さに合わせる
ワイヤーをかける時は、フックが目線の高さになるように調整します。吊り上げ作業を行うまでの間は追突を避けるため、目線の高さまでフックを巻き上げておきましょう。

■ユニック車で多い事故、その原因と対策

 

SONY DSC

ユニック車は、事故が多い建機です。実際に起こった事故の事例をから原因と対策を考えていきましょう。

・転倒事故
<アウトリガー沈下により、車体が転倒>
転倒したことで運転席が変形、運転者が負傷したという事故です。その原因は、アウトリガーを設置した場所の地盤が、崩壊しやすかったことにあります。ユニック車のアウトリガーを設置する前に地盤の状況を確認し、丈夫な敷板などを敷いて地盤を養生してから設置しましょう。

・吊り荷の落下
<吊り荷が強風に煽られ落下>
この時の事故では、吊り荷が作業員の上へ落下し下敷きになっています。原因は、強風の中作業を続行したことです。作業が安全に行える状況かどうかその場その場で適切に判断し、必要ならば作業を中止する措置を取りましょう。

・ユニック車が逸走し、車両と接触
<作業員が運転席から降りた際にユニック車が逸走>
これにより、隣接していた車両と接触し事故となりました。この事故の原因は、パーキングブレーキを掛け忘れたこと、歯止めをしっかりと行わなかったことにあります。
パーキングブレーキと歯止めは、ユニック車の停車時に必ず行う手順です。特に傾斜地ではとても重要な手順になります。

■まとめ

いかがでしたか?
これらの事故はほんの一部に過ぎません。常に事故が起こる可能性を想定して、具体的に対策が取れるよう意識し、事故を未然に防ぎましょう。

 

 

フォークリフトの免許で活躍の場を広げよう!免許取得の仕方総まとめ

物流倉庫など様々な場で必要となるフォークリフトですが、運転するには資格と免許が必要となります。そして運転するフォークリフトによって取得するべき免許が変わります。今回はフォークリフト免許の取得方法についてまとめました。フォークリフトの免許を取って、活躍できる場を広げましょう!

■フォークリフト免許取得のメリット

物流倉庫や工場など多くの作業現場で活用されるフォークリフトは、運転するために国家資格を必要とします。この資格を取得すればたくさんの現場で活躍することができます。

・倉庫や工場で活躍できる
フォークリフトの免許は、取得すれば仕事の幅が広がります。フォークリフトは、物流倉庫での製品の運搬、自動車工場など製造工場での部品の運搬、建築現場で加工木材の運搬など、様々な工場や倉庫で利用されています。人の力では運ぶことができない多くの貨物を早く運べるフォークリフトを運転できる人は、それぞれの現場で必要とされる人材です。

・資格を履歴書に書いた方が有利
フォークリフトの資格を履歴書に書くか迷われる方がいますが、フォークリフトは実に多くの現場で活用されているので、特に物流倉庫などの職に就きたい場合は、履歴書に書いた方が有利です。
履歴書に資格を記載する場合は、「フォークリフト運転技能講習 終了」などと記載しましょう。また、運転できるフォークリフトの最大積載荷重まで記載しておく方が良いでしょう。

■フォークリフトの免許について

フォークリフトの免許の取得方法についてまとめていきます。

・フォークリフト免許は2種類ある
まずフォークリフトの最大積載荷重が1トン未満か1トン以上か、によって必要となる免許が異なります。
最大積載荷重1トン未満・・・フォークリフトの運転業務に係る特別教育
こちらは講習を受けると、「特別教育修了証」が発行されます。

最大積載荷重1トン以上・・・フォークリフト運転技能講習
こちらは技能講習を受講後、試験を受ける必要があります。合格すれば「運転技能講習修了証」が発行されます。こちらの修了証は、フォークリフト運転時に常に携帯する義務が課せられます。

・受験資格と受験場所
講習や試験の受験資格ですが、どちらもの免許も18歳以上であれば受けることが可能です。

最大積載荷重1トン未満の場合の特別教育は、フォークリフトのメーカーなど各事業者や、一般社団法人が行っています。
最大積載荷重1トン以上の場合の運転技能講習は、各都道府県労働局に登録されている教習機関・教習所で受けられます。

・免許取得にかかる費用
最大積載荷重1トン未満の場合の特別教育にかかる費用はテキストの料金等を合わせて、1万5千円程度です。
最大積載荷重1トン以上の場合の運転技能講習では、すでに取得している免許によってかかる費用が変わってきます。

特に免許を所持していない場合・・・4万5千円程度
自動車免許、大型特殊自動車(限定)免許所持者・・・4万円程度
大型特殊自動車免許(限定除く)、自動車免許又は大型特殊自動車(限定)免許所持者で、フォークリフトの特別教育受講後3ヶ月以上運転を経験している者・・・1万5千円程度
(この場合、3ヶ月以上運転経験があることを事業主により証明できるもの、特定自主検査記録表、特別教育修了証のコピーが必要となります)

■免許取得の流れ

・手続きと必要書類
特別教育、技能講習を行っている事業所や教育機関を、住んでいる都道府県のWebサイトで確認し、申し込みを行います。最近ではWebサイトから申し込みができる機関が多くなってきています。
技能講習に必要なものは、申込用紙、証明写真、運転免許証などの本人を確認できるもの、印鑑、受講料です。

・受講内容
最大積載荷重1トン未満の特別教育では、実技と学科をそれぞれ6時間受講します。
最大積載荷重1トン以上の運転技能講習は、自動車免許の有無で講習時間が変わります。
・自動車免許を所持していない場合
学科11時間、技能講習24時間(計35時間)
・自動車免許を所持している場合
学科7時間、実技講習24時間(計31時間)

<学科の主な内容>
・荷重
・荷役装置
・安全係数、検査
・油圧装置、付属装置
・質量、重量
・力学
・関係法令

<実技講習の主な内容>
・点検
・乗車、発進
・周回走行

・助成金が支給される場合がある
教育訓練給付制度を利用できれば、免許の取得にかかる費用を抑えることができます。
助成金は給付金として、教育機関に支払った料金の20%がハローワークから支給されます。
以下がその対象者となります。
・在職中
受講開始日の段階で雇用保険の被保険者期間が3年以上経過している。
(ただし、初めて受講する場合は1年以上)
・離職中
受講開始日の段階で離職日から1年以内、かつ雇用されていた期間が3年以上の者。
(ただし、初めて受講する場合は1年以上)

ハローワークで受給できるかどうかを確認し、受給資格がある場合は講習の申込書の給付金制度利用にチェックしましょう。受講終了後、1ヶ月以内にハローワークへ申請を行います。
必要となる書類は、教育訓練終了証明書、教育訓練給付金支給申請書、領収書、雇用保険被保険者証、本人・住所が確認できる書類です。

■まとめ

今回はフォークリフト免許に関する知識をまとめました。
資格取得の費用を会社が負担してくれる場合もあります。フォークリフトの資格に興味がある方は、会社もしくは求人先へ確認してみるのもいいですね。活躍の場を広げ、転職や収入のアップを叶えましょう!

 

 

パッカー車を安全に運用しよう!トラブルを起こさないために注意すべきこととは?

生活の環境をキレイに維持する為に必要なパッカー車の運用も、一つ間違えればトラブルや事故につながります。トラブルを起こさないためにも、安全対策は必須です。パッカー車を運用するにあたって、注意したい点や安全対策についてまとめました。

■事故に注意!パッカー車の安全対策

パッカー車の扱いは、一歩間違えると大きな事故に繋がり、時には命を落とす危険もあります。事故は安全確認を怠ったことで起こることがほとんどです。まずはよくあるパッカー車の事故事例とその対策をご紹介します。これを参考にして、安全に作業をできるよう心がけましょう。

・火災事故
ガスボンベやスプレー缶による火災は頻繁に起こる事故です。パッカー車の車内で生じた摩擦が火花を発生させ、ガスボンベやスプレー缶に残ったガスに引火して爆発し、火災に繋がるというものです。この火災で作業員が火傷を負ったり、パッカー車が廃車になったりすることがよくあります。パッカー車にゴミを入れる前に、ガスボンベやスプレー缶のガスの残量を確認し、残っている時は必ずガスを抜くようにしましょう。

・巻き込み事故
パッカー車の回転板に巻き込まれる事故も多く発生しています。その原因には、洗車時に回転板を停止していなかった、入れてはいけないものを誤って入れてしまい取り出す際に間に合わず巻き込まれた、というものがあります。洗車などの作業を行う際は、まずは回転板が動いていないかなど、安全確認を怠らないようにしましょう。
ごみを投入する前に異物などを分別しておき、誤ってものを入れてしまった場合は、慌てず緊急停止ボタンを使用します。すぐにボタンを押せるよう、必ず二人で作業するようにしてください。

・パッカー車の転落事故
ごみピットの近くで作業をしていたら、パッカー車が突然動いてピットに転落した、という事故事例もあります。この時パッカー車は路肩に停車させており、サイドブレーキがかかっていなかったために事故に繋がりました。転落防止のために、路肩に手摺りを設置する、作業を行う前にサイドブレーキがかかっているかを確認し、輪留めを使って確実にパッカー車を固定しましょう。

■ゴミの過積載に要注意!サイズと積載量は?

パッカー車はサイズに種類があり、最大積載量が決められています。過積載によりパッカー車がバランスを崩してピットへ転落した、という事故も発生しておりとても危険です。過積載は道路交通法違反にあたり、ごみ処分施設で指摘され、所管課から指導が入ります。繰り返し過積載を行うと、ごみ処理施設への搬入を拒否される場合があります。一般的なパッカー車のサイズと最大積載量をチェックしておきましょう。

・小型車
車体寸法:全長約5m、全幅約1.8m、全高2.3~2.5m
車体総重量:約6.5トン
最大積載量:2トン

・中型車
車体寸法:全長6~7m、全幅約2.1m、全高約2.8m
車体総重量:約8トン
最大積載量:2トン

・大型車
車体寸法:約9m、全幅2.5m、全高約2.8m
車体総重量:約22トン
最大積載量:7.4トン

■パッカー車運用の注意点

パッカー車を購入した後、どのように運用すればいいか?これらのポイントを押さえて長くパッカー車を使用できるようにしていきましょう。

・PTOの切り忘れ
パッカー車は作業の為、頻繁に乗り降りする必要があります。ここでよくあるのが、PTOの切り忘れです。アクセルを踏んだ時や、ギアチェンジの時に気づくことが多いです。運転中にPTOを切り忘れると、ヒューズが飛んだり、油圧ポンプや油圧ホースが破損したり、PTOのプロペラシャフトが歪んでスイッチが入りにくくなったりと、様々なところで故障の原因になります。
また、動作不良を起こし作業員が巻き込まれる可能性も高くなります。PTOの切り忘れには十分注意しましょう。

・レールを保護
パッカー車の重要なメンテナンスの一つに、モリブデングリスでレールを保護するというものがあります。モリブデングリスは、回転部の摩耗を防ぎ保護する役割を担います。定期的にモリブデングリスを塗布するよう心がけましょう。モリブデングリスは一気に塗らず、グリースガンを使って塗布するのが良いでしょう。

・CNGのパッカー車
一般的に流通しているのは、ディーゼル車かCNG(天然ガス)車です。
圧縮天然ガスは黒煙やSOxが出ないクリーンエネルギーとして注目されており、運用コストも安いというメリットがあります。
しかし、天然ガスに対応したガソリンスタンドや、故障時に対応してくれる工場がまだ少ないのが現状です。またCNG車を運用するためには特別な講習を受ける必要があります。これらを把握した上でCNGの運用を検討しましょう。

■まとめ

パッカー車は、生活にはなくてはならない車両の一つです。これからパッカー車の購入をお考えの方は、これらのポイントを押さえて、長く安全にパッカー車を運用していきましょう。