重機

クレーン免許の取得法 免許の種類・試験の詳細

工場・建設業界で欠かせない存在である「クレーン車」クレーン車を用いた仕事は平均年収が400~500万以上稼げるケースもあり、需要が高いです。そんなクレーン運転士になるにはどのような免許・資格が必要になるのか?具体的にご紹介いたします。

 

■クレーン免許の種類

クレーンは取得する免許によって、運転できる機体も異なってきます。ここで、代表的なクレーン免許について解説していきます。

 

・クレーン・デリック運転士免許(限定なし)

クレーンとデリック、両方の機種を扱うために必要になる免許です。デリックとはマスト・ブームを有した機械装置で、動力によって、荷を吊り上げることができます。(吊り上げ荷重0.5t以上のもの)

 

・クレーンとデリックの違い

クレーンは単体で荷の吊り上げが可能ですが、デリックの場合は、設置されているワイヤーロープやブームの操作を別の原動機で操作します。ビル建設や製鉄所など、活躍できる範囲が広いので、持っておくと便利です。

 

・クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)

クレーン限定はデリックを除いた吊り上げ荷重が5t以上のクレーンを運転することができる免許です。クレーン初心者の方で、少し重量の大きいクレーンを運転したいという場合は、まずこの免許を取得してみてはいかがでしょうか。

 

・床上運転式クレーン限定免許

床上運転式クレーンは工場内部の天井に設置されている、吊り上げ荷重が5t以上のクレーンです。UFOキャッチャーの要領で、工場内の荷物を運び、運転手は運ばれている荷の移動と一緒にボタンを操作します。床上式運転は操縦者の少ない移動で運転することができるので、玉掛け業務の際に便利になる資格です。

 

 

■クレーン運転士の試験について

 

クレーン免許を取得したい場合は、教習所に通うのがおすすめです。教習所に通うと実技試験が免除になるので、免許取得率もぐんと高くなりますし、時間の節約にもなります。

ここで、教習所での試験内容について、より詳しくご紹介いたします。(クレーンデリックの運転免許は18歳以上の方なら誰でも取得できます。)

 

・主な試験内容

試験内容については、クレーン・デリックに関する知識、原動機に関する知識、クレーンの運転に必要な力学知識、法令などの知識が主な出題内容になります。学科試験は総得点で満点中60%以上の高得点。各科目が40%以上の得点率であることが必須になります。期間としては大体7~10日ほどです。

 

 

・試験難易度

クレーン免許の取得となると、難しいイメージがありますが、教習所に通うと、実技試験が免除されるので、難易度的には心配するほど高くありません。教習所に通いたくない方は独学で一発試験を狙う方法もありますが、その場合、実技試験を受けることになり、クレーン操縦経験のある方でないと、かなり合格が難しくなってしまいます。時間はかかりますが、教習所でじっくり講習を受けたほうが確実といえるでしょう。

 

・平均的な合格率

クレーン免許の合格率は、年によって違いはありますが、学科試験の場合は約61%、実技試験の場合は約48%の方が合格という調査結果が出ています。実技試験の場合は、やはり合格率は若干下がるようです。

 

■中古クレーンを購入する際の注意点

 

クレーンは新車で購入するとなると、かなりの出費になるので、中古購入したいという方も多いと思います。中古トラックは通常より安く手に入れられる反面、安全性の確認を怠ると、後々、事故を起こしてしまう危険があるので、注意しましょう。ここで、中古クレーンを購入する場合に大切なポイントをご紹介いたします。

 

・クレーンは問題なく稼働するか

基本的ですが、最も大切な問題です。ただ動くかどうかだけでなく、諸動作が滑らかに操作できるか、止めたいタイミングで確実に停止させることができるかなどに、気を付けて確認しましょう。作業時にタイムラグが発生していないか。エンジンの回転数を上げた場合と通常時の動きの動作確認、エンジンのアイドリング確認なども重要なポイントです。

 

 

・補強板の有無

フレーム(シャーシ)を固定する補強板は、クレーン車の強度・耐久性を保証する上で重要な要素です。中古車のなかには、補強板がただの鉄板を加工して取り付けられたものもあるので、注意しましょう。鉄板の場合だと、シャーシがダメージを受けて曲がってしまったり、真っ二つに折れてしまう可能性があり、とても危険です。シャーシがダメージを受けると、業務用車両の安全性を根本から失ってしまうため、補強板の確認は必須です。

 

 

・点検整備記録簿

クレーン車のような業務用車両を選ばれる際は、点検整備記録簿の内容はしっかり確認しておきましょう。点検整備記録簿は車検以外で3ヶ月、6ヶ月毎に行う点検整備の記録を記帳し、保管しているものです。こうした点検記録は車両の安全性を確認するうえで大切なものです。販売開始日から使い込まれていない中古クレーンは、軽整備のみの場合もありますが、一通り目を通しておくといいでしょう。

 

 

中古トラックを高値で売るための秘訣~2種類の買取金額の調べ方

トラックを売りたい!売る方法は主に3つ

pbimage0000116518

 

トラックを売るにあたって、売却する方法は様々です。
一般的な方法は主に3つあります。

① ディーラーでの下取り・買取
② 地元の中古車買取店に売る
③ トラックや重機の買取専門業者

今回はこの3つの方法のメリット・デメリットについて紹介していきます!
それぞれ違った特徴があるため、トラックを売りたいと考えているなら、最後まで読んで参考にしてみてください。
ではまず、ディーラーのメリット・デメリットからみていきましょう!

ディーラーのメリット・デメリット

ディーラーの買取は、新しくトラックを購入する時に、一緒に下取りに出すというパターンが多いでしょう。
大きなメリットは、なんといっても相手がディーラーだという安心感があることです。
しかしながら、取引台数が少ないということから、査定の評価基準になる買取相場自体が存在しない場合がほとんどです。そのため、「トラックを高く売りたい」と考えている人にはあまりおすすめできません。

メリット・デメリットをまとめると、下記のようになります。

ディーラー買取のメリット

・ディーラーに直接買い取ってもらうため、安心感がある
・新車と入れ替える際に下取りという流れになるので、買取だけではなく新車の購入まで一緒に済ませることができる

ディーラー買取のデメリット

・買取相場が存在しないため、買取価格が専門業者より安くなりがち
・引取や書類手続きで手数料がかかる
・事故車や不動車は買い取ってもらえないことが多い

地元の中古車買取店のメリット・デメリット

地元の中古買取店は、買取価格もディーラーより高く買い取ってくれる場合が多く、価格面でも納得しやすいところも魅力です。
ですが、査定は1社だけでの判断となるため、買取価格が適正なのかどうかの判断がし辛いという点もデメリットといえるでしょう。

メリット・デメリットをまとめると、下記のようになります。

地元の中古車買取店のメリット

・ディーラー買取よりも高額で買い取ってもらえる

地元の中古車買取店のデメリット

・買取価格が適正かどうかの判断が難しい
・引取や書類手続きで手数料がかかる

トラックや重機買取専門業者のメリット・デメリット

トラックや重機買取専門業者での買取は、その手軽さが大きな魅力です。
パソコンやスマホで無料査定依頼をすることができますので、直接トラックを見せに行く手間を省くことができます。
また、トラックや重機を専門に買取している業者のため、ディーラーや中古車買取店よりも細かく査定してくれるので、買取価格も他の方法より高くなることが多いです。
他にも全国対応していたり、不動車なども買い取ってくれたりと、様々なメリットがあります。

メリット・デメリットを簡単にまとめると、以下のようになります。

買取専門業者のメリット

・査定が細かく、ディーラーや地元業者よりも高値買取が期待できる
・パソコンやスマホで簡単に無料査定を依頼できる
・日本全国どこにでも無料査定に来てくれる、引き取ってくれる
・走行距離のあるトラックや不動車でも買取対象になることがある

買取専門業者のデメリット

・インターネットで展開しているところが多いため、近くに店鋪がないこともある

では、次は買取で人気がある車種はなにかを紹介していきます。

人気のある車種はこれ!

トラックの買取にも、人気がある車種というものがあります。
こうした車種は買取強化が行われているものも多く、通常の買取よりも高く買い取ってくれることがあります。
たとえば、下記のような車は多くの買取専門業者から人気があります。

日野 プロフィア

長距離移動を快適に過ごすためのこだわりを、随所に施している点が魅力の車種です。
シートの乗り心地が優しく、長距離走行の疲労軽減に役立ちます。
ベッドスペースも採用されていることから、長距離移動時の仮眠時も身体を休めやすくなっています。

三菱ふそう スーパーグレート

安全性が重視されているモデルで、走行中に歩行者や自動車を感知するとランプが点灯して知らせてくれる「アクティブ・サイドガード・アシスト」という機能が特徴的です。
他にも、脇見運転や居眠り運転をしようとするとブザーで知らせてくれるアクティブ・アテンション・アシストなどがあります。

UDトラックス クオン

12段電子制御式オートマチックトランスミッション「ESCOT-Ⅵ」を搭載していて、素早く滑らかに変速を行う事ができるのが魅力の車種です。変速時の身体への負担が軽減されるため、より快適に運転をすることができます。

いすゞ ギガ

コンパクトエンジンの採用によって、高い積載量を実現しているモデルです。
燃費性能と安全性も高いスペックでまとまっていて、海外でもよく長距離移動のために利用されています。

トラックの査定は上物価値がわかる専門業者へ

トラックの査定額は、車種だけで決まるものではありません。そのトラックの「上物」によっても価値が変わってきます。
どういった上物があるかをしっかり確認しておきましょう。

アルミウィング

荷物が積卸しやすいよう、バンボディの両側が翼のように開くようになっているのが特徴です。

クレーン付きトラック

ユニック車とも呼ばれていて、荷台の代わりにクレーンを積んでいるような形になっているモデルです。
クレーンにもいくつか種類があり、ハイアウトトリガーと呼ばれるモデルが荷台も圧迫しないので人気です。

重機運搬車

クレーンやウインチ、アンダーリフトなどがついている、重機を積載することに特化したモデルです。土木現場などでよく利用されています。

冷蔵・冷凍・保冷

荷台に断熱加工がされていて、タイプによって冷蔵だけのものと保冷もできるものがあります。
冷凍もできるタイプのものの方が買取査定額も高いです。

こうした上物は、買取専門業者じゃないと査定額に影響しない場合があります。
中古のトラックを高く売りたいのであれば、やはり買取専門業者に依頼するほうがよいでしょう。

トラックを売りたいと感じたら専門業者に依頼しよう

いかがでしたでしょうか。トラックは軽自動車や乗用車よりも、買取に専門的な知識が必要になってくるものなんです。なるべく高く売りたいのであれば、専門の知識があって海外にまで手を伸ばしている買取業者が最適といえます。
気軽に無料査定を依頼することもできますので、まずは買取専門業者に査定を依頼してみてください。
きっと思っているよりも高く買い取ってくれることでしょう。

すぐに理解できる!2種類あるトラックの買取金額の調べ方

「使わなくなったトラックを売りたい…」という企業は多いのではないでしょうか。中古トラックを買い取ってもらう時に、1番気になるのはやはり買取金額ですよね。中古トラックの買取金額を簡単に調べる方法を確認してみてください。

使わないトラックは買取りに出そう

中古トラックを買取業者に売却するなら、事前に買取金額がどれぐらいか知っておきたいですよね。
そこで今回は中古トラックの買取金額の調べ方を紹介します。
トラックと普通自動車の買取りの違いや、中古トラックの買取金額が高い理由など、役立つ知識もたくさんあるのでぜひ参考にしてください。

トラックの買取りにはガイドラインがない

一般的に買取業者が中古車の買取査定する場合、ガイドラインにそって査定価格を決めていきます。
しかし、トラックの買取りには、基準となるガイドラインが定められていません。

その理由は大きく2つあります。
①乗用車と比較し、圧倒的に専門性が高い
②種類が多用で、用途によって仕様が異なる

普通自動車の買取りでは、移動がメインの目的となるため基本的には
・年式
・走行距離
という明確なポイントによって、査定ランクが決まります。
その後、車に付いているオプションや車の状態、内装の汚れ具合などの細かい部分をチェックし、他社の動向を見ながら買取金額を決定します。特殊なケースがあまりないため、基本的な査定ランクにズレは生じにくく、ガイドラインによる平準化が機能します。
しかし、トラックの場合は荷物の運搬が目的となり、その荷物の内容によって仕様や査定基準が大きく異なります。
きちんと評価するには、各タイプのトラックに精通した上で適切なポイントで評価する必要があり、ガイドラインによる平準化があまりうまく機能しないのです。

中古トラックは需要が高い!買取金額が高い理由

現在、中古トラックは需要に対して供給量が少ないため、高く買い取ってもらえます。

トラックの中古車は、乗用車と比較すると数が少ないです。
さらに、運ぶ荷物によって仕様は様々という背景から、架装のバリエーションが豊富で、買い手の希望に合う中古車を見つけにくい状況になっています。
このような現状で、買取業者は中古トラックの取り扱い車種を増やしたいため、高額査定をする可能性が高いのです。特に在庫のない、または少ない車種であれば高額査定が期待できるでしょう。

では次に、トラックの買取金額を調べる方法を説明します。

トラックの買取金額を調べる2つの方法

トラックの買取金額を調べる方法は、買取業者の店舗に持ち込んで見積もりを依頼する方法と、インターネットの見積もりサイトに申し込む方法の2つがあります。

方法①:買取業者の店舗に持ち込んで見積もりを依頼する方法

この方法で、複数の買取業者の見積もりを比較すれば、交渉しながら高値で買い取ってもらいやすいです。
ただ、複数の買取業者の店舗に行き、見積もりを依頼するのは時間と手間がかかるので、あまり効率的とは言えません。

方法②:インターネットの見積もりサイトに申し込む方法

インターネットの見積もりサイトとは、ネット上で必要事項を入力するだけで、買取業者が出張査定をしにきてくれるサービスです。申し込みから査定まで無料で利用できます。
また、同時に複数の買取業者に見積もり依頼できるので、相場を簡単に把握できますし、最も高く買い取ってくれる買取り業者も楽に見つけられます。

ここで紹介した方法を参考にして、トラックの買取金額を調べてみると良いでしょう。
次は、ネット上で確認できたトラックの買取金額例を紹介します。

中古トラックの買取金額例

下の表は、ネット上で確認できた中古トラックの買取金額例です。

車名 タイプ 最大積載量 年式 仕様・装備 走行距離 買取金額
キャンター 小型トラック 2t H18年 4WD・ダンプ 2,000km 1,950,000円
デュトロ 小型トラック 2t H11年 ダンプ・低床強化 62,000km 780,000円
ファイター 中型トラック 4t H10年 ワイド・平ボディ 160,000km 900,000円
レンジャー 中型トラック 4t H9年 セルフローダー・3段クレーン 120,500km 1,250,000円
ファイター 大型トラック 8t H11年 セルフローダー・3段クレーン 19,000km 2,700,000円

こちらの表を参考にすることで、中古トラックがいくらぐらいで買取りされているのかがわかります。
ただ、上述したように買取金額は、トラックの状態や買取業者の在庫などによって価格に変動があるので、注意してください。

複数の買取り業者に査定を依頼してトラックの買取金額を調べよう

・トラック買取りには、ガイドラインがないから買取金額の変動が大きい
・中古トラック市場は需要に対して供給量が少ないから、高価買取が期待できる
・中古トラックの買取金額は、買取業者の店舗に持ち込んで見積もりを依頼する方法やインターネット見積もりサイトで調べられる

この記事を参考にして、売却の検討をしているトラックの買取金額を調べてみてください。

維持費用からの解放!重機の高価買取りテクニック

重機は年式が古く、排ガス規制に引っかかる重機でも高価買取りしてもらえます!さらに壊れて動かない重機でも、業者を選べば買取ってもらうことができます。重機を高価買取りしてもらうために、どのような業者を選べば良いのか、その理由と一緒に紹介します。

続きを読む