必要ない、売りたいダンプは専門の買取業者が買ってくれる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乗用車などと比べ、ダンプなどの車両は売ることはできないと考えている人は多いでしょう。しかし、最近ではダンプなどのトラックを専門に買取をしている業者も存在します。どんな状態でも買ってくれる場合があるため、売りたいダンプがあれば積極的に査定を依頼してみましょう。

いらないダンプ、どうやって処分する?

ダンプは一般の車両に比べ高い耐久性があるのが特徴ですが、それでも使い続けている内に、処分を検討しなければならない時期はきてしまいます。
故障して使えなくなった、買い替えの目安である15年以上乗り続けている、排ガス規制のために処分したい、などなど・・・。
また、最近では2019年から建設市場が「量」から「質」へと転向すると予想されていることから、事業縮小を見越してダンプを処分したいと考える人もいるでしょう。
ダンプカーを処分する場合、大型トラックや重機専門で廃車処分する業者に依頼する方法があります。
しかし、処分を依頼する場合、高額な処分費用を支払うのが悩みどころです。そこで!ダンプカーのお得な処分方法として、ダンプカーの買取サービスの利用がおすすめです!
処分費用を支払うどころか、ダンプ売却によるお金が手に入るわけですから、利用しない手はないでしょう!

ダンプを高額で売りたいならどこがお得?

ディーラーでの下取り・見積り

ダンプカーを買取処分する方法として、最も一般的なのが、ディーラーの下取りです。
ダンプの購入や整備などで、このディーラーを利用したという人は多いはず。ダンプを売却するなら、買ったところで売るのが一番ではないか、と考える人も多いでしょう。
ディーラーに依頼するメリットは、顔見知りであり連絡先も知っているため、ダンプ売却を安心してスムーズにできます。売却した後に、すぐディーラーから新しいダンプを購入できる点も便利です。
しかし、ディーラーは基本的に新車の販売をメイン業務としているため、中古ダンプの流通ルートを持っておらず、見た目が悪い・型式が古いダンプは売却を断られる場合があります。
また、中古ダンプの流通ルートがないということは、高額で売れるルートがなく、さらに在庫によるリスクを抱えることとなるため、買取価格も安く見積もられる可能性もあるのです。少しでも高く売りたいと考えているなら、ディーラーに買取ってもらうのは避けたほうがよさそうです。

個人売買(ネットオークション)

最近ではネットサービスが充実しているため、手軽にオークションなどに出品し、売却することができます。
メリットは、買取業者を通さずに購入希望者へダンプを売却できるため、手数料もいらず高額買取ができる可能性があることです。また、自宅にいながら出品ができるので、忙しい人でも手軽に売却ができるという点も魅力です。
しかし、ネットオークションは個人間での取引となるため、手続きや費用の受け取りの段になってトラブルに見舞われる可能性があります。落札した代金を相手が払ってくれなかったり、引き渡した後にクレームをつけ、代金の一部を返金するように迫られたりすることもあります。個人売買ですと、取引相手がどんな人か直前までわからないため、こうした取引上のリスクがつきものなのです。

地元の中古トラック買取店に持ち込む

地域によっては、中古トラックや重機などを専門的に買取する会社も存在します。
こうしたお店に依頼するメリットは、ネットオークションのような取引上のリスクもなく、安心して買取処分をすることができることです。また、独自の流通ルートも確保しているため、通常買取を行わないディーラーよりも高く買ってくれるでしょう。
しかし、こうした地元にある買取店のみを利用するとなると、買値が相場と比べて適正かどうかがわからないため、相場よりもだいぶ安く買われてしまう場合もあります。
ダンプをより高く売却したい場合、複数の買取会社へ査定を出す方法が確実です。

全国でトラック買取をする専門業者で無料査定

ネットで検索をすると、全国的にトラック買取を行っている会社がいくつもヒットします。
こうした会社に依頼するメリットは、国内だけでなく海外にもトラック売却による流通ルートを確保しているため、ディーラーや地元の買取店よりも高く買ってくれることです。
また、こうした会社は無料査定のサービスも行っています。複数の会社に査定を依頼することで、より高い価格で買ってくれる会社をみつけることができるでしょう。
会社によっては、休日でも対応できる出張買取サービスを行ってくれるところもあるので、空いた時間に手間をかけずトラックを処分できるのも魅力です。

古いダンプでも買取OK!どんな状態でも買取ってもらえるって本当?

どんなダンプでも状態によって買取ってくれる業者もある

かつてはダンプなどの車を買い換える場合、廃車として処分してから買い換えるのが一般的でした。乗用車と違いトラックは仕事で使用する車なので、古く汚れていて動作性も不確かであるため、誰も購入しようとはしなかったのです。
しかし、最近はネットサービスの拡充によって、かつては見向きもされなかった中古のトラックが脚光を浴びるようになりました。ネットを利用することで、地方からの需要にも応えられるようになったため、流通ルートの拡大によって古いダンプでも売却できるようになったのです。
また、最近では発展途上国で日本車が人気となったことで、外国と中古トラックの取引を行う会社も増えました。
ダンプなどのトラックは新車で購入すると高額ですが、中古車であれば安く手に入ります。そのため、中古のダンプの買い手は多いのです。

低年式 ・過走行 ・バッテリー切れ ・車検切れ ・事故車 ・廃車予定でも査定対象としてくれる

トラックの買取と聞くと、綺麗な状態のトラックしか買ってくれないのでは、と考える人も多いでしょう。しかし、最近では状態の悪いトラックでも買ってくれる会社は多くあります。
低年式や過走行、バッテリー切れ、車検切れの車はもちろん、汚れのひどい車や、事故車・廃車予定車でも査定の対象としてくれる場合があります。
トラック買取を行う会社のなかには、自社で修理をして販売をする会社もありますし、解体して部品のみを販売する会社もあります。長年メンテナンスをせず、サビや汚れだらけのダンプだとしても、そういった会社へ依頼することで高く買ってくれるでしょう。

おいしい話ばかりじゃない!悪徳トラック買取業者に注意

ここまでの話を聞くと、「全国的にトラック買取を行う会社に依頼すれば安心だな」と考えてしまう人もいるかもしれません。
しかし、最近ではトラック買取処分の需要が高まったことで、それを利用する悪徳業者も増えつつあるのです。
「高額買取」という言葉に踊らされ、逆に安く買い叩かれたり、余計なトラブルに巻き込まれたりするケースは少なくありません。買取依頼をする際は、相手の業者が信頼できるか、しっかりと調べましょう。

気をつけたい悪徳トラック買取業者の手口

引き取り料を請求する

通常、買取による取引で「引き取り料」が発生することはありません。引き取り料が発生するのは処分を依頼した場合だけであるため、買取を依頼してこの引き取り料が発生した場合はすぐに契約を取りやめましょう。
たとえ金額が少額だったとしても、引き取り料を請求された場合は、売却を避ける必要があります。そういった会社は引き取り料と、トラック売却による利益を二重取りしています。不当な利益を得る会社にトラックを売却すると、悪徳業者ばかりが利益を得てしまうため、結果的に引き取り料を取らないまっとうな業者への負担となってしまうのです。
「処分することに比べればマシ」とは思わず、きちんとした業者へ売却するようにしましょう。

事前に高額な査定料を提示して、後々難癖をつけて安く買い叩く

初めの査定料だけ高く設定し、後々安く買い叩くというやり方は、買取業者に依頼する際によくあるトラブルです。
メールや電話での査定では非常に高い査定額を伝えていたのに、実際にダンプを見せると小さなキズやわずかな汚れのほか、タイヤなどのパーツ交換まで減額の対象としてしまいます。その結果、大幅な減額をさせられてしまうのです。
当然、買取を依頼した側は話が違うとして買取を拒否しますが、すると今度は莫大な出張査定費やキャンセル料を請求したり、大声での恫喝や告訴に踏み切るといった脅しをかけたりします。
このような不当な請求を迫ることや、恫喝をしてきた場合、対処法として迷わず警察に連絡するようにしましょう。

個人情報を売却する

出張査定や買取の依頼をする時、サイトの投稿フォームに名前や住所、連絡先まで記載してしまうことがあります。
買取業者を装った詐欺師は、投稿フォームから送られた情報を売却し、不当な利益を得るのです。
こうした問題を回避するには、出張査定や買取をするサイトをどの会社が運営しているかを調べましょう。公式ページに会社の所在地や責任者名が載っていない、または所在地をネット検索やグーグルアースで調べても何も出てこない場合、架空の詐欺サイトである可能性があります。ほかにも、口コミなどの情報を調べ、信頼できる会社かどうかを調べるのも効果的です。

名義変更の手続きをしない・自社ロゴを消さない

ダンプを売却した後、名義変更の代行依頼をしたにも関わらず手続きを全くしていない、または自社のロゴを全く消していない場合、放置するのは危険です。
もしも、そういったダンプが事故や問題を起こした場合、全く関係のないこちらが賠償金を支払ったり、世間での自社のイメージを大きく損ねたりする可能性があるからです。
対策としては、多少面倒でも名義変更の手続きは自分で行うことが一番です。また、契約時に「事前にいつまでに名義変更・ロゴの消去をするか」ということを取り決めることも必要です。期日までに対処していなければ、警察に訴えるなどの強行策に出なければなりません。
ロゴの消去に関しては、パソコンでロゴを消した状態の画像を送ってくることも考えられるので、直接業者の所在地へ赴き、消しているかを自分の目で確認するとよいでしょう。

廃車処分することで税金・保険料の還付金を不当に取得する

トラックを始め、自動車を廃車処分すると税金や保険料の還付金が戻ってくることは、意外と知っている人は少ないです。
平成17年に施行されるようになった比較的新しい制度なので、知らない人が多いことを逆手にとり、不当に還付金を取得する悪質な業者は多くいます。
優良な業者は、この還付金のお金を査定額に含んでいることをきちんと説明してくれます。還付金についての説明が全くない場合、悪徳業者であると判断できます。

買取代金を振り込まず、行方をくらませる

買取の代金の支払い方法が銀行振込だった場合、期日までに金額を振り込まず、行方をくらましてしまうという悪質な業者も存在します。
こうした問題への対処法は、ダンプの引き渡しと同時にお金を支払ってもらうことです。
その場での支払いができないと拒否された場合、車検証・譲渡証明書・委任状などの書類を一旦預かることで、ダンプだけを持ち逃げされることを防ぐことができるでしょう。

どんな会社なら安心できる?

安心して取引ができる会社は、やはり実績があり評価の高い会社です。
口コミなどで多くの人が評価している会社や、創業から長い年数が経っている会社、たくさんの人が利用したという実績のある会社なら、安心して取引ができるでしょう。
こういった会社は、「引き取り料が無料」「面倒な各種手続きも無料で代行してくれる」というサービスも行っているので、初めて買取を依頼する人でも安心して取引ができます。

ダンプの買取は複数社に依頼しよう!

複数社で比較をすることで、高額で買取ってくれる業者に依頼しやすい

ダンプの高額買取をする業者を探すなら、複数の業者に査定依頼を出す方法が一番です。
買取業者によって買取の価格設定が異なっているため、よりお得な金額で買取ってくれる業者を探すなら、最低でも3社~4社に査定依頼をするとよいでしょう。
複数の会社に依頼することで、売却するダンプの相場価格がわかりやすくなります。また、一括査定によって業者どうしを競合させることで、より高く買ってくれる会社が現れやすくなるからです。
ただし、注意しなければならないのが、ほかの業者よりも異様に高い金額を提示する業者です。多くの買取業者は買った車をオークションで売却しますが、オークションでは車種によって買取金額の相場がきちんと決められています。
そのため買取金額に大幅な差は生まれないはずなのですが、それでも高額な査定額を提示するということは、査定額を高く釣り上げて騙そうとする悪徳業者の可能性が高いです。

ダンプの正確な買取相場を公表している業者はない

「車種によって買取金額の相場は決まっている」と書きましたが、こうした市場での買取相場はどの業者も公表していません。
「こちらに相場を知らせないなんて不平等だ」と感じる人もいるかもしれませんが、相場を公表しないのはきちんとした理由があるのです。
相場を知らせないのは、車の状態によって買取金額が変わってしまうからです。市場で高く評価されているダンプでも、メンテナンスが全くされておらず、ボロボロの状態のダンプですと、市場価格より価値が安くなるのは仕方ないことです。
また、時代によって旬な車種や車両も異なり、値段が細かく変動するため、相場の金額をはっきりと明記することはできないのです。

基準価格を自分なりに把握するために、複数の業者へ買取査定を依頼したほうがいい

ダンプなどのトラック買取を行う大半の業者は、公式HP上でも過去の買取実績や買取金額程度しか公表してはいません。一部の取引での実績や金額はあくまで一例なので、同じ車種だとしてもHPそのままの金額で売れるとは限りません。
また、業者によっても価格設定は異なっているため、買取会社が異なれば数十万円の価格差が現れることもあります。ダンプを売却する時は、誰もがより高いところへ売りたいはず。一社だけに依頼してしまうと、ほかに高く買ってくれる業者を見逃してしまうことになります。
そのため、多少面倒でも、買取査定は複数の業者へ依頼するほうが良いのです。

廃車予定のダンプにも大きな価値がある!

廃車予定でボロボロのダンプだったとしても、修理・清掃すればまだまだ使える場合もありますし、使えない場合も分解して部品を売却することも可能です。
「買ってくれる人なんていないだろう」と諦めて廃車処分してしまう前に、一度ダンプやトラックの買取を行う会社に査定依頼をしてみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*