重機

ユンボを高価買取してもらう方法 人気メーカーとポイント

ユンボは「油圧ショベル」と呼ばれ、建築や土木業界でも活躍している重機の一つです。ユンボは重機のなかでも特に価値が高いとされているものなので、買取に出す際にも高値で取引されます。今回はユンボの買取事情や高価買取のコツなどをご紹介します。

 

■ユンボの買取事情

建設現場や工事現場などでなくてはならない存在のユンボは、日本国内よりもむしろ海外で需要が高いのが現状です。日本のユンボは性能が高く、耐久性にも優れており、発展途上国では日本製のユンボのシェアが圧倒的に高いのです。供給が追い付かず中古のユンボが高値で取引されるので、ユンボの買取は積極的に行われています。

海外での需要の高さから、旧式モデルのものや故障したもの、動かないものであっても、買取業者は問題なく買取に応じてくれます。

 

■種類別!ユンボの買取価格

ユンボを買い取ってもらう前に、買取価格を確認しておきましょう。

ただしこの金額はあくまで目安であり、状態や型式によって金額は前後するので、注意してください。

・コベルコ

コベルコは神戸製鋼グループに属する重機メーカーで、小型・中型ユンボの人気が高いのが特徴です。

小型の「SK-30UR-2」の買取価格は、52万円前後が相場です。高額取引の対象となる機種も多く、状態が良ければ200万円近い金額がつくこともあります。

・CAT

CAT(キャタピラー)はアメリカの重機メーカーでも最大手の企業で、日本支社にキャタピラージャパンがあります。

CATは中型や大型のユンボに強いのが特徴で、海外に展開している業者では特に高額で取引されるメーカーです。

「320DRR」の価格相場は~481万円程度、大型の「330C」は~600万円程度とかなり高額な値段がつきます。

・その他のメーカーの買取価格

日本で最もシェアが高い「コマツ」は、海外でもトップクラスの人気を誇ります。

製品の種類も多く、どの機種でも安定して高額取引されるメーカーです。

「PC07-2」の相場は~38万円程度、「PC30-7」で~100万円程度です。

 

もう一つ、高価買取が期待できるのが「日立建機」。日立建機はコマツやCATに次ぐ業界大手の重機メーカーで、特に大型ユンボに強いのが特徴です。

小型・中型はあまり価格が上がらない傾向にありますが、大型の「ZH00-A」などは800万円近い値段がつくこともあります。

■高額買取のコツ

ユンボを少しでも高く売る為のコツをお教えします。これを参考にして、高値でユンボを買い取ってもらいましょう!

・海外に販路を持つ業者を選ぶ

買取業者を選ぶ際のコツの一つは、海外での販路を持っている業者を選ぶこと。海外でこそ中古のユンボは高く売れるので、査定額も高くなる傾向にあります。

あまりに旧式のものや動かないものなどは、日本での再販が難しいので、国内での需要は低いです。その為、国内でしか展開していない業者では、高値の買取は期待できないでしょう。

・メンテナンスを行う

ユンボは使用する環境上、どうしても傷や汚れはつきものです。あまりに傷や劣化が激しいものは、当然買取価格は下がってしまいます。

重機のメンテナンスは労働安全衛生規則で義務付けられていますが、少しでもキレイな状態を保つために、日々メンテナンスはしっかりと行いましょう。それが高額買取に繋がります。

・必要書類を備える

ユンボを買取してもらう際、必要な書類も揃っていた方が値段は高くなります。

特に重要視される書類が、「点検整備記録簿」というメンテナンス記録になります。

ユンボの車体の状態は、目視だけでは判断しきれません。

買取業者は点検整備記録簿をもとに「ユンボがどう扱われていたのか?」を確認し、車体の状態を把握して査定額を決定します。

この点検整備記録簿がなければ査定額はかなり低くなってしまうので、査定の際には必ず業者へ提出しましょう。

 

 

中古のユンボはとても需要が高く、高額買取が期待できる重機です。

故障して動かなくなった、古すぎて使えないなどで、ユンボの処分にお困りの方は、ぜひ買取を検討してみてください。思わぬ高値がつくかもしれませんよ。

 

 

重機は需要が高い?人気の重機メーカーや買取手順

大型重機をお持ちの方はいらっしゃいませんか?もしかしたらあなたが今お持ちの重機はとても大きな価値があるものかもしれません。買取をご検討の方のために知って得する情報をまとめました。

■重機の買取事情

今あなたがお持ちの重機、「古すぎる」「動かない」といった理由で買い取ってもらえないんじゃ…とお悩みではありませんか?

しかし、安心してください。重機の需要は国内外ともに非常に高く、どんな状態の重機でも買い手はつきます。まずは、重機の買取事情からお話ししましょう。

・近年は深刻な重機不足

2020年には東京オリンピックが開催されますが、そのインフラ整備のための建設ラッシュと、度重なる災害の復興事業により、2019年現在は重機不足が深刻化しています。重機メーカーへ殺到する受注に対し、供給が追い付いていない状態なので、重機を高価買取してもらいたいなら、今が狙い目といえるでしょう。

・新型の重機は国内向け

稼働時間が少なく、比較的新しい中古の重機は国内でよく売れるため、価値が高く、高額取引の対象となります。しかし、東京オリンピックが終われば、国内での重機の需要は減少するでしょう。

・旧式重機は海外向け

海外の発展途上国、中東やアフリカ、東南アジアなどで使われている重機のほとんどは日本製の中古品です。日本製の重機は性能・燃費・耐久性に優れるため非常に人気が高く、日本では売れないような旧式、過走行、廃車寸前のものであっても海外では重宝され、積極的に輸入されています。

どんな状態のものでも業者が買取に応じるのは、海外への販売を見越しているからなのです。

 

■人気の重機メーカー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人気が高いメーカーは、品質・安全性の高さが保証されており、査定価格も高くなります。

高額買取が期待できる人気のブランドメーカーをご紹介します。

・キャタピラー社

キャタピラー社はアメリカの最大手重機メーカーで、世界でNo.1のシェアを誇ります。

キャタピラー社の重機は作業性能が優れており、エンジン性能も極めて高く、国産に引けを取らない品質です。国内外ともに需要は高く、買取価格も高値で安定しており、他ブランドよりも30万円以上の値段がつくこともあります。

・コマツ

世界シェアNo.2を誇る日本最大手メーカーのコマツは、どのカテゴリーの重機でも高品質を保っており、信頼性が高いメーカーです。日本国内はもちろん、欧米、アフリカ、アジア諸国でも中古需要は高く、高額取引が見込めます。

・クボタ

老舗の国内メーカー・クボタも高額取引の対象となります。

ミニショベルや油圧ショベルなどの建設重機以外にも、トラクター、田植え機といった農業機械の評判も高いのが特徴です。安定した品質と、汎用性の高さから、長年愛される人気ブランドメーカーです。

・日立建機

世界シェアNo.3の日立建機も日本、海外ともに人気があり、特に大型の油圧ショベルは高評価を得ています。

また、製品ラインナップも多く、アフターサービスが充実していることから、日立建機の重機を揃えているという企業は多くあります。

日立建機の大型油圧ショベルは驚くような値段がつくこともありますよ。

 

■高価買取の際の手順


重機の買取価格は業者によって様々です。それは、「安定した相場が確立していないこと」、「業者がもつ流通ルートに差があること」が理由に挙げられます。では、より高く売る為にはどうしたらいいのでしょうか?

最後に、重機を高額で買取してもらうための手順をお伝えしますね。

・信頼できる業者を見つける

信頼できる業者をどのように選ぶかがポイントとなります。慢性的な重機不足から、買取業者は年々増えており、それに伴って悪質な業者も増えています。

選ぶべきは、長年会社を運営しており、信頼されている優良な業者です。Webサイトなどで実績を確認し、口コミなども参考にして業者を選んでくださいね。

・相見積を行う

とても重要なのが、相見積もりを取ることです。買取業者も様々で、海外に販路を持ち輸出に強い業者もあれば、国内のみの展開をしている業者もあります。

国内と国外では求められる重機が違うので、業者によってはつける値段に大きな差が出てしまうことになります。複数の見積もりがあれば、相場も把握しやすくなるので、悪徳業者を見分けるのにも役立ちます。必ず複数の業者に見積もりを依頼し、価格を比べるようにしましょう。

・交渉を行う

価格に大きな差が出なかった場合、業者へ連絡して値上げの交渉を行うことも、高額買取の秘訣です。

値段を上げてまで買いたいと思わない業者もあれば、在庫として確保しておきたいと考える業者もあるので、値上げ交渉で査定額アップにつながる可能性もあります。

値段が拮抗している場合は、業者へ他社の見積もり額を報告してみるのもおすすめです。

 

 

いかがでしたか?

重機の需要が高まっている今、不要となった車両の買取を検討してみてはいかがでしょうか?重機は思いもよらない値段がつく可能性を秘めています。

重機の処分にお困りの方は、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

クレーン免許の取得法 免許の種類・試験の詳細

工場・建設業界で欠かせない存在である「クレーン車」クレーン車を用いた仕事は平均年収が400~500万以上稼げるケースもあり、需要が高いです。そんなクレーン運転士になるにはどのような免許・資格が必要になるのか?具体的にご紹介いたします。

 

■クレーン免許の種類

クレーンは取得する免許によって、運転できる機体も異なってきます。ここで、代表的なクレーン免許について解説していきます。

 

・クレーン・デリック運転士免許(限定なし)

クレーンとデリック、両方の機種を扱うために必要になる免許です。デリックとはマスト・ブームを有した機械装置で、動力によって、荷を吊り上げることができます。(吊り上げ荷重0.5t以上のもの)

 

・クレーンとデリックの違い

クレーンは単体で荷の吊り上げが可能ですが、デリックの場合は、設置されているワイヤーロープやブームの操作を別の原動機で操作します。ビル建設や製鉄所など、活躍できる範囲が広いので、持っておくと便利です。

 

・クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)

クレーン限定はデリックを除いた吊り上げ荷重が5t以上のクレーンを運転することができる免許です。クレーン初心者の方で、少し重量の大きいクレーンを運転したいという場合は、まずこの免許を取得してみてはいかがでしょうか。

 

・床上運転式クレーン限定免許

床上運転式クレーンは工場内部の天井に設置されている、吊り上げ荷重が5t以上のクレーンです。UFOキャッチャーの要領で、工場内の荷物を運び、運転手は運ばれている荷の移動と一緒にボタンを操作します。床上式運転は操縦者の少ない移動で運転することができるので、玉掛け業務の際に便利になる資格です。

 

 

■クレーン運転士の試験について

 

クレーン免許を取得したい場合は、教習所に通うのがおすすめです。教習所に通うと実技試験が免除になるので、免許取得率もぐんと高くなりますし、時間の節約にもなります。

ここで、教習所での試験内容について、より詳しくご紹介いたします。(クレーンデリックの運転免許は18歳以上の方なら誰でも取得できます。)

 

・主な試験内容

試験内容については、クレーン・デリックに関する知識、原動機に関する知識、クレーンの運転に必要な力学知識、法令などの知識が主な出題内容になります。学科試験は総得点で満点中60%以上の高得点。各科目が40%以上の得点率であることが必須になります。期間としては大体7~10日ほどです。

 

 

・試験難易度

クレーン免許の取得となると、難しいイメージがありますが、教習所に通うと、実技試験が免除されるので、難易度的には心配するほど高くありません。教習所に通いたくない方は独学で一発試験を狙う方法もありますが、その場合、実技試験を受けることになり、クレーン操縦経験のある方でないと、かなり合格が難しくなってしまいます。時間はかかりますが、教習所でじっくり講習を受けたほうが確実といえるでしょう。

 

・平均的な合格率

クレーン免許の合格率は、年によって違いはありますが、学科試験の場合は約61%、実技試験の場合は約48%の方が合格という調査結果が出ています。実技試験の場合は、やはり合格率は若干下がるようです。

 

■中古クレーンを購入する際の注意点

 

クレーンは新車で購入するとなると、かなりの出費になるので、中古購入したいという方も多いと思います。中古トラックは通常より安く手に入れられる反面、安全性の確認を怠ると、後々、事故を起こしてしまう危険があるので、注意しましょう。ここで、中古クレーンを購入する場合に大切なポイントをご紹介いたします。

 

・クレーンは問題なく稼働するか

基本的ですが、最も大切な問題です。ただ動くかどうかだけでなく、諸動作が滑らかに操作できるか、止めたいタイミングで確実に停止させることができるかなどに、気を付けて確認しましょう。作業時にタイムラグが発生していないか。エンジンの回転数を上げた場合と通常時の動きの動作確認、エンジンのアイドリング確認なども重要なポイントです。

 

 

・補強板の有無

フレーム(シャーシ)を固定する補強板は、クレーン車の強度・耐久性を保証する上で重要な要素です。中古車のなかには、補強板がただの鉄板を加工して取り付けられたものもあるので、注意しましょう。鉄板の場合だと、シャーシがダメージを受けて曲がってしまったり、真っ二つに折れてしまう可能性があり、とても危険です。シャーシがダメージを受けると、業務用車両の安全性を根本から失ってしまうため、補強板の確認は必須です。

 

 

・点検整備記録簿

クレーン車のような業務用車両を選ばれる際は、点検整備記録簿の内容はしっかり確認しておきましょう。点検整備記録簿は車検以外で3ヶ月、6ヶ月毎に行う点検整備の記録を記帳し、保管しているものです。こうした点検記録は車両の安全性を確認するうえで大切なものです。販売開始日から使い込まれていない中古クレーンは、軽整備のみの場合もありますが、一通り目を通しておくといいでしょう。

 

 

ユンボで仕事をしたい!ユンボに乗る為の資格や操作方法をまとめました

ユンボは工事現場や建設現場では欠かせない重機です。ユンボに乗れるようになれば、活躍できる場が大きく広がります。今回は、ユンボに乗る為に必要な資格や免許、また基本的な操作やコツについてまとめました。ユンボで仕事をしたいと考えている方は是非参考にしてください。

■ユンボについて

ユンボとは、運転手が乗り込むキャビンからブームとアームが伸び、その先端にバケットが装着された重機です。まずはユンボの特徴と、ユンボの資格が活用できる場をご紹介します。

・ユンボの特徴
ユンボはアームの先にあるバケットを、いろんな形状のアタッチメントに付け替えられるという便利な特徴を持っています。バケットは、幅が広いもの・狭いもの、整地が出来るもの、掘削ができるもの、スケルトンのものなど、様々な種類があります。
大きなハサミの形状をした破砕機なら、木材の他に鉄骨や鉄筋、コンクリートなどの破砕作業が行えます。その他、攪拌ができたり、掴む動作ができたり、垂直に掘ることができるアタッチメントもあり、様々な作業をこなすことができるのがユンボです。

・ユンボの資格や免許が活用できる業種
アタッチメントの豊富さから、可能な作業は多種多様です。その為ユンボは多くの場で活躍します。
① 土木・建築業
山を切り崩す作業はもちろん、土砂崩れなど災害時の復旧作業などにもユンボは活躍します。
② 解体業
高いところまでブームを伸ばすことができる作業性能が高いタイプのものが向いています。
③ 水道管工事業
水道管・排水管の埋め込みにユンボを使用します。
④ 電気・電話工事業
地下にケーブルを通し、埋没配管を設置する際に使用します。
⑤ 造園・石材業
庭の整地にユンボを活用します。石材業では、墓地の敷地に合わせて掘り下げていく「根切り」という作業を行います。
⑥ 砕石・砂利採取業
地盤を固める際にユンボで砕石を撒いたり、建築資材で使う砂利を採取したりします。
⑦ 生コンクリート製造業
生コンクリートをミキサー車から受け取る際にユンボを使用します。専用のアタッチメントを使ってコンクリートを枠に流し込みます。
⑧ 産業廃棄物処理業
産業廃棄物の分別や積下ろしを行います。
⑨ 建材業
地盤改良で、セメントと土を混ぜる際にユンボを使用します。
⑩ 運送業
道路を自走できないクローラー式ユンボの回送を行うことができます。重機回送ができれば、建設会社やレンタル会社へのアピールポイントになります。

■ユンボに必要な資格と免許

ユンボを扱うには、操作をするための資格と、ユンボを行動で走らせるための自動車免許が必要になります。

・必要な免許は重量で変わる
運転するユンボの重量によって、必要となる自動車免許が変わってきます。
車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満・・・普通自動車免許
車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量6.5トン未満・・・中型自動車免許
車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上・・・大型自動車免許

・ユンボの資格
ユンボの資格は2種類あり、操作するユンボの重量で変わります。
小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育・・・3トン未満の重量の運転が可能
こちらの資格は、講習を受講すれば取得できます。

車両系建設機械運転技能講習・・・3トン以上の重量の運転が可能
こちらの資格は修了試験に合格する必要があります。

・もし、無免許・無資格で運転したら・・・?
無免許でユンボを運転した場合、道路交通法違反で点数が加算されるか、もしくは罰金が課せられます。
無資格でユンボを操作し、万が一事故を起こした場合は現場の代理人が逮捕されることになります。
ユンボに乗る為には、かならず免許と資格を取得し、運転する際に携帯するようにしましょう。

■ユンボの操作方法

最後に、ユンボの操作方法と操作のコツをお伝えします。

・ユンボの基本操作
ユンボの操作はとてもシンプルです。ユンボ自体の前進、後退、回転は、操縦者の足元から伸びているレバーを使って行います。レバーを前に倒すと前進し、後ろへ倒すと後退します。右のレバーで右のクローラーが動き、左のレバーで左のクローラーが動くので、ユンボを回転させるには片方のレバーのみを動かすようにします。

ブーム、アーム、バケットの操作は、操縦席の両サイドにあるジョイスティックタイプのレバーで行います。右側のレバーを前後に動かすことでブームを起こしたり、倒したりすることができます。左に倒してバケットに土を入れ、右に倒して土を捨てます。
左側にあるレバーは機体の上部を回転させるためのもので、左右に倒すことで回転させます。また、前後に動かしてアームを上下に動かすことができます。

・操作のコツ
ユンボのクローラーは横方向より縦方向の方が、車体が安定するので作業がしやすくなります。
また、シリンダが押し出す力は、アームシリンダとアーム、バケットシリンダとリンクがそれぞれ直角になった時に最大となり、より作業を効率的に行うことができます。

ユンボの運転席は360度回転します。もし運転席を180度回転した状態でレバーを前へ倒すと、クローラーは前方へ回転するので、運転手から見て後ろへ進むことになります。勘違いをして運転しないように、排土板を目印にして前後を間違えないようにしましょう。

ユンボの操作は、レバーを直感で動かしたい方向へ動かせば良いという簡単なものですが、繊細な動きをするには練習が必要です。
ユンボの操作を覚えられるアプリがあるので、それを利用するのもいいですね。

■まとめ

今回はユンボを運転するための知識をまとめてみました。ぜひこの記事を参考にして、幅広く活用できるようユンボを運転できるようになってくださいね。

 

 

維持費用からの解放!重機の高価買取りテクニック

重機は年式が古く、排ガス規制に引っかかる重機でも高価買取りしてもらえます!さらに壊れて動かない重機でも、業者を選べば買取ってもらうことができます。重機を高価買取りしてもらうために、どのような業者を選べば良いのか、その理由と一緒に紹介します。

続きを読む